NEXT WEEKEND DATE

NEXTWEEKEND編集長 村上萌がつくる
季節の朝ごはん。

4月のテーマは
「そら豆のフライパンリゾット」です。

みなさまの季節の朝ごはんの
ちょっとしたヒントになれば嬉しいです。

4月の朝ごはん

 

夫がグルテンフリー宣言をして、
パスタ以外の小麦粉を食べなくなってから
我が家の朝ごはんから、
レパートリーが激減した。
(パスタに使われている小麦は、
デュラム小麦といって、
それは夫の身体に合うらしい。)

アレルギーという訳ではないけど、
アスリートの夫が考えた末に宣言したことは
できる限り支えたい。

ただ、それと引き換えにパンケーキ、
トースト、フレンチトースト、クレープ…など
食器を選ぶのにときめくレシピたちは
ことごとく作れなくなってしまい
頼れる炭水化物は必然とお米になった。

「毎朝焼き鮭と白米と納豆、
お味噌汁があればそれで十分嬉しい」
と夫は言うけど、
作るものがルーティン化してしまうと
キッチンに立つのも楽しくないため
行き着いたのがリゾットだった。

もちろん毎日ではないけど、
お米を炊き上げるよりも早くできて、
しかもフライパンでも鍋でもなんでも作れて、
和でも洋でも、冷蔵庫にある具材を
大概素敵に混ぜ合わせてくれるリゾットは、
かなりありがたい料理だと思う。

長めな前置きになったけど、
春らしくそら豆のリゾットをご紹介します。

材料【2人分】
・そらまめ 1袋程度
・豚肉 適量(ベーコンでもなんでも。今回は豚肉のブロックをカットしました)
・玉ねぎ 半個くらい
・オリーブオイル 適量
・白米 1合
・お湯 800cc
・コンソメブイヨン 1個
・塩胡椒 適量

準備
・お湯にコンソメブイヨンを溶かしておく
・そら豆の皮を剥く。
薄皮は硬いので少し豆を茹でると剥きやすい。

作り方
1.玉ねぎをみじん切りにして
オリーブオイルを熱したフライパンで炒める。

2.少ししたら豚肉を入れて炒め、
赤っぽさがなくなったら
皮を剥いたそら豆とお米を洗わずに入れる。

3.さっと塩胡椒をして、
お米が透明になるまで中火で炒める。

4.お米を強い力で炒めすぎないようにしながら、
コンソメブイヨンを溶かしたスープを
3分の2くらい入れる。

5.蓋をせずそのまま煮て
ぐつぐつ沸騰して汁気が少なくなったら
残りのスープを足して水気がなくなるまで中火で煮込む。
たまに木べらで焦げないように様子を見る。

6.最後に塩味の調整をして完成。
パルメザンチーズとブラックペッパーをかけて、
ハーブを散らすとさらに◎

そら豆を買いすぎたので、
ついでにアヒージョも作りました。

ニンニクを切ってココットに入れ、
そのままたっぷりのオリーブオイルと共に熱して
そら豆とマッシュルーム、塩を入れて完成。

良い4月になりますように…!