NEXT WEEKEND DATE

大きな声では言いづらいちょっとした悩みや、あえて近い存在のひとには話しにくい悩みは誰にでもあるもの…。

この連載では、みなさまから匿名で募集したお悩みに、NEXTWEEKEND編集長 村上萌が答えていきます。

今日ご紹介するのは、卒業式を前に、片思いしてる女の子について悩む相談者さんからのお悩みです。

 

村上 萌さんこんにちは。
18歳の高校3年の男子です。
僕は今高校の同級生にずっと片想いしています。
今まで色々な話や悩み事の相談、辛い受験期を励まし合ったりとお互い頼れる深い仲の大切な人です。明るくて、楽しくて、気が利いて、僕のことを心配してくれたりするさりげない優しさにいつのまにか彼女のことが大好きになってました。
しかし、もうあと少しで高校卒業です。お互い春から離れた別の大学に進学します。
離ればなれになってしまいますが僕は正直、今の関係を壊したくないなと思っています。
過去に自分の想いを伝えた結果辛い思いをした経験があるからです。
だから高校を卒業して離ればなれになっても長い目で考えて連絡や付き合いを続けたいと思っているのですが、一方で、お互い新しい環境になると新しい出会いや生活などもあるし、だんだん疎遠になっていってしまうのかなぁと思ってしまう自分もいます。
萌さんは夫さんと長い付き合いで遠距離も経験されご結婚なさったと聞いたのですが、そういった状況でも連絡や付き合いを続けていくためにはどうすればいいかご自身の経験からのアドバイスやご指摘などありましたら是非教えて下さい。
よろしくお願いします。
(18歳・男性・学生)

うわぁ…!もう、このお悩みを読んだだけで、涙が出ちゃいました。

文化祭とか、帰り道とか、部活とか試合とか、屋上とか放課後とか…、あの時一生懸命過ごしてた青春のキーワードがいっぱい蘇ってきて、なんかもう、ありがとう。お悩み送ってくれてありがとうございます。

きゅんきゅんした、とか言いたくないけど、本当こういう気持ちを表現する時にあるんだろうな。

相談者さんの生きてる今は、人生の中でいつか思い出した時に、こう感じる時なんだ、ということを是非頭の片隅に入れて暮らしてくださいね!

…とか、冒頭から興奮しながらおせっかいかましてるので、本題に入ります。

春からついに制服を脱いで、大学生なんですね…!
(勝手に盛り上がってるけど、私服の高校だったらごめんなさい)

相談者さんが表現する彼女の様子を読むだけで、彼女もきっと、相談者さんのことを大切に想ってるんだろうな、と想像しました。

もちろん、想いを伝えて晴れてお付き合いして、遠距離恋愛ながらも上手くいくというパターンもあると思うので、彼女と今以上の関係を望むのであれば、卒業式直前のこのタイミングで想いを伝えて、春休みを二人で密に過ごし、お互いに沢山未来の話をしながら大学生活に向かっていく、というのもあるかと思います。

が!今の関係を壊したくないから想いを伝えないと言う意志の方が強いのであれば、ここからはそちらを応援する流れでおこたえします。

確かに、高校と大学は大きく違います。

環境の変化だけでなく、できることの幅がぐんと広がって、お互いに色々と新しい価値観に出会う時です。

しかも変化のペースは人それぞれなので、大学で同じコミュニティにいれば安心することだったとしても、離れた大学で、どちらかだけが早く変化してしまった時に、したくもない嫉妬をしてしまったり、本意でない発言をしてしまったりと、すれ違ってしまう人たちもいるかもしれません。

だから、そういう価値観の変化を経験する前に「付き合う」という事実に急ぐよりは、互いに変化する中でもそれを共有しあえる関係を続けて、お互いの中の新たな価値観も踏まえて、改めて自分たちの関係を愛しく思えたら付き合えたらいいなぁ、と思います。

青春漫画のようなストーリーで、「そんなにうまくいくかい!」と思うかもしれませんが、時と共に、少なからず相談者さん自身の価値観も変わっていくのです。

今「絶対」だと思っていることが、いとも簡単に真逆の角度から新しい景色を見せてくることだってありえます。

想いを伝えないという選択をするのであれば、自分自身もせっかくの大学生活、変化を楽しみつつ、どんな風に過ごしたいかという未来に目を向けて、その中で、彼女とどういう関係で在りたいと思っているかを言葉にして、今伝えてみるのもありかもしれません。

また、私と夫のことを書いてくださっていますが、確かに大学二年生の時に知り合って数年遠距離で付き合い、結婚しました。

出会って早々に付き合うことになったので、お互いで歩み寄った感じではありますが、むこうが変な気を遣わないというのが、近い距離でいられた秘訣かなぁとは思っています。

出会った時から向こうはプロのスポーツ選手だったので、将来の夢も定まらないままフワッと学校に行き、バイトして、遊んで、を淡々と繰り返す私の学生生活はおそらくチャラついて見えたと思います。

ただ、彼はそれに壁を作ったり、触れないようにするというよりは、私の話に出てくる友達の名前を覚えてくれたり、「なんでこんなに美味しいモンブランのお店知ってるの!?」と喜んでくれたり、無邪気に私の生活に興味を持って楽しんでくれたのが嬉しかった記憶はあります。

だからもっとシェアしたいと思ったし、私も彼の先輩の名前を覚えたり、スケジュールを把握したりしながら、気付けば、お互いに外の世界で頑張りながらも、作戦会議をしてまた明日頑張る!みたいな秘密基地的な関係になれたので、距離は離れててもずっと身近でした。

要するに、自分側にも彼女側にも変な壁を作らなければ、相手の新しい出会いや価値観の変化も、自分のことのように楽しめると言うことなんだと思います。

ただ、これにはなるべく同じスピードでお互いが自分の道を歩きながら成長していくことが必要だったりもします。

就活で失敗しまくっていた時代、私は彼の隣にいることがとにかく恥ずかしくて、コンプレックスの塊でしたからね。

いずれにしても、相談者さんはこれからやってくる未来をちゃんと楽しみにしながらも、彼女とどんな関係でいたいかを相手に伝え、希望と不安が入り乱れる新生活の中でも、お互いに愛しく思える新たな関係でいられるといいですね。

最後に1つだけ言いたいのは、想いを伝えないというのは、突然彼女に彼氏を紹介されるということも想定できます。

これが絶対に耐えられないと思うなら、想いを伝えるという手があることも忘れずに。

相談者さんにとって、素敵な春になりますように!心から応援してます。

 

お悩み募集中!

「編集長がこたえます!」では、みなさまからのお悩みを募集しています。

大きな声では言いづらいけどちょっと誰かに聞いてほしい…

そんなお悩みがある方はぜひ以下のフォームからご投稿ください。

お悩み投稿フォームはこちらから

※すべての質問に回答できるわけではございません。
また、頂いたお悩みはNEXTWEEKEND/村上萌の発信する他のコンテンツで使用させて頂く場合がございますこと予めご了承のほどよろしくお願いします。