NEXT WEEKEND DATE

いつもとちょっと違う雰囲気のテーブルにしてみたい時は、
かわいさやユーモアを取り入れてみるのがオススメです。

そんなテーブルのスタイリングに意外と使えるのが、
普段使っている小物や、
戸棚に眠らせているジャケ買い食材たち。

食器やカトラリーはいつものままでも、
ちょっと新鮮なテーブルコーディネートになりますよ。

 

ビジュアル抜群な調味料を
テーブルの主役にしてみる

海外発の調味料は日本にはないスタイルのものも多く、
テーブルにそのまま連れていきたいものばかり。

例えばハワイ土産やコストコでよく見かける
くま型ボトルのはちみつ。

乙女心が満たされるかわいらしさはありつつ、
定番らしいシンプルさもあるので、
大人も使いやすいアイテムです。

パンケーキやフレンチトーストのお供にすれば
ちょっとゆるいかわいさが◎

塩胡椒やカトラリーと一緒に
ダイニングテーブルに並べておけば、
インテリアのアクセントにもなりますよ。

 

ユーモアのあるラベルドリンクを選んでみる

とっておきの日に用意するドリンクは
美味しいのはもちろん、
ラベルにもこだわりたいもの。

目を引くユーモアのあるボトルを用意すれば、
テーブルの雰囲気を良くしてくれるだけでなく、
ちょっとした小話で盛り上がることもできそうです。

例えばワインのエチケット(ラベル)も、
専門店で選べば千差万別。

生産者の方の似顔絵がプリントされていたり、動物柄だったり、
自由なデザインのものがたくさんあるので、
相手のテーマに合わせてチョイスするのも素敵ですよね。

 

お気に入りのハンカチを
テーブルリネンがわりにしてみる

テーブルまわりに季節感を出すのに
活躍してくれる小物といえば、柄物のナフキン。

でも気軽に楽しむなら、
お気に入りのハンカチを使うのも◎

いつものグリーンと小物も、
春らしい花柄のハンカチをプレイスマットにすれば、
ぐっと華やいだコーナーに。

軽くたたんでテーブルランナー風に使ってみれば、
さり気なく季節感のあるティータイムを楽しむことができますよ。

 

何気ない小物や調味料も、
コーディネートの一員として改めて見直してみると、
もっとテーブルが楽しめそうですよね。

これを使いたいから、この食事にしよう!なんて発想から、
新しい料理にチャレンジするきっかけが生まれたりもするかも。

すこしの工夫で普段の食事をちょっと豊かにしてみませんか。