NEXT WEEKEND DATE

こんにちは。
NEXTWEEKEND代表の村上萌です。
2月にNEXTWEEKENDが掲げている
月間テーマは「ちょっと楽しいこもりかた
ハッシュタグは #こもり日和 です。

冬眠する動物たちみたいに、こもるって決めてから、こもる喜び。
朝からキッチンに立ってコトコト煮込んでみたり、気になっていた美容法を試してみたり、リストアップしていた映画に、幸せな飲み物。
まだまだ寒い2月は、こもる準備を念入りしにして、とびっきりの #こもり日和 を過ごしましょう。
みなさんの、ちょっと楽しいこもりかたのシェアを楽しみにしています!

こんな気持ちで2月のテーマを考えました。

同時にNEXTWEEKENDで考えた
WISHLISTはこの3つ。

今回は一つ目の
テーマを持ってこもりたい」について。
なのですが…。

正直、今娘が一歳半なので、
素敵なテーマを立ててもほとんど予定通りに行かず、
期せずしてこもってしまう日、なんてことも多々あります。



(常に狙われている、私のテーマたち)

とはいえ、今のところ約2時間のお昼寝を
1日に3回くらいしてくれるので、
テーマさえ決めていれば、
隙間時間に取り掛かることもできます。
そんな中、今の私のもっぱらのテーマはお部屋研究

札幌で中古マンションをフルリノベーションして、
ほくほく暮らした1年間でしたが、
この春大阪に引っ越すことになったので
新しく借りた賃貸の部屋。(来週引っ越し予定)

理想を詰め込んだ部屋からの引っ越しは、
きっと比べてしまうことが沢山あるけど
まずは今目の前の部屋を
愛せるように努力することが大事。

それが毎日を好きになることに繋がるはず…!
ということで、賃貸D.I.Yの本を読んだり、
ピンタレストをじろじろ見ながら
日々イメージをかためています。

新生活に向けて同じような方も多いのかな…?
せっかくなので、札幌の家を作った時の
お気に入りをご紹介したいと思います。
誰かの #こもり日和 の役に立てば嬉しいです。

寒いうちに、お部屋をアップデート!
村上萌のおすすめインテリア
・バーみたいなカウンター
・よく聞かれるソファとハイチェアー
・真鍮ペンキの素晴らしさ
・あると嬉しいカラーの壁
・その他買ってよかったもの

バーみたいなカウンター

 

View this post on Instagram

 

Moe Murakamiさん(@moemurakami_)がシェアした投稿

大好きだったカウンター。
あぁ、もう懐かしい。

リノベの点で言うと、
調理場とカウンタースペースに段差をつけたのは、
最後まで悩んだポイントでした。

フラットの方がおそらく
料理教室のように広々として見えるのですが、
とっちらかったまな板とか粉ミルクとか、
そういうのを常に片付けておく自信がなかったので
段差ありにしました。私はこれで大満足。


優しい灯りが天井を照らしてくれるランプは、
芦屋のflameのサイトで買いました。
沢山素敵なランプがあるのでお勧めです。

 

よく聞かれるソファとハイチェアー

家の中で一番お気に入りだった椅子は、
リノベの際に作り付けにした
汽車の車窓のようなダイニングのソファでしたが、

それはオーダーメイドなので、
ここではおすすめの椅子のお店をご紹介します。

インスタなどでもよく質問いただく、
このソファとカウンターチェアー。

実はどちらも代官山にあるASPLUNDのもの。

安いわけではありませんが、
ずっと大切にしたいものが見つかるお店です。

そろそろ長く使えるものが欲しいな、という
タイミングの方にはおすすめです。

真鍮ペンキの素晴らしさ

「木材・グレーの建具・真鍮のポイント」と
使う素材にルールを決めていたので、
もともとあった配管やタオルラックを
真鍮ペンキで塗りました。

このサイドテーブルも、元は脚がアイアンで
ちょっと男前過ぎたので真鍮ペンキを。

テーブルは、札幌のBiscoで。
アンティーク家具が好きな方には、
宝物の倉庫みたいでかなりおすすめの場所!
色々なリクエストにもこたえてくれます。

おまけで、ペンキではないけど
真鍮アイテムをご紹介します。

キッチンはずっと憧れだったKOHLERのシンク。

水栓が、デザインはレトロなのに
タッチで水が出るハイテクなDELTAです。
水栓の両脇に洗剤とハンドソープが入っています。
ボトルを置かないでいいのが、
すっきりして嬉しいポイント。

全部個別に用意したパーツたち。
おすすめは恵比寿のP.F.S. Parts Center

写真を撮り忘れたまま引っ越してしまいましたが、
トイレットペーパーホルダーは
かなり探してこちらにしました。
華奢で可愛いんだ…。

あると嬉しいカラーの壁

突き当たりをブルーグレーの壁にしていたので、
娘の成長に合わせて何かと
写真を撮るのに最高な場所でした。

賃貸でも、剥がせる壁紙を貼ってからなら
ペンキが使えることも。

これで昔住んでた賃貸も
黒板塗料を塗ってデスク周りを楽しんでいました。


(昔住んでいた賃貸の部屋)

 

その他ささやかなリノベのこだわり

最後に、ささやかなリノベのこだわりのこと。

すでに他の記事でも触れたことがありますが、
キッチン全面に貼ったサブウェイタイル。

この目地(継ぎ目)の色が結構ポイント。
薄いグレーにしたことで、
なんとなく柔らかい印象になるようにしました。

それからお風呂。
マンションの構造上、窓は付けられないとのことで
リビング側に窓を作りました。

太陽の光を浴びながらお風呂に入れて、
ベビーベッドで眠っている娘を見ながら、
安心してお風呂に入ることもできて、
本当に大満足の窓でした。

12月はクリスマスツリーを
見ながら入るのも楽しかったな…。


(もちろん普段は窓の外側にある扉が閉まっているので、
いつでも丸見え状態ではありません)

と、ちょっと2年前のリノベ時を振り返りながら、
寒いうちに、お部屋をアップデートするインテリアをご紹介しました。

 

本州でも雪がちらつく今日この頃。

春の新生活に向けて、
お互い楽しい想像を膨らませながら
良い #こもり日和 を過ごしましょう…!