NEXT WEEKEND DATE

少しずつ春の訪れが近づいているとはいえ、まだまだ寒い日が続きますね。

今回ご紹介するのは、「モッカニースタン」という北欧のクッキーです。

「モカの毛玉」という可愛らしい意味をもつこのお菓子。

ちょっと珍しい形なので、贈り物にしたら会話も弾みそうですね。

お菓子に合わせて、毛糸を使ったラッピングもご紹介します。

ぜひ試してみてください♩

 

モッカニースタン(約18個分)

材料

薄力粉…110g
片栗粉…50g
無塩バター…100g
グラニュー糖…40g
塩…ひとつまみ
ココアパウダー…10g
マロンペースト…40g
ラム酒….25ml

下準備

・バターを室温に戻します。
・しぼり袋にモンブラン用の口金をつけます。
(今回は直径1.5cmの口金を使用しました)
・鉄板にオーブンシートを敷きます。
・オーブンを180℃に予熱します。

作り方

1.ボウルにバターとグラニュー糖を入れ、泡立て器でふわりと白っぽくなるまでよく混ぜます。

2.マロンペーストとラム酒を加え、さらに混ぜます。

3.薄力粉、片栗粉、ココアをふるい入れます。
大きなサイズのふるいがなければ、別々にふるっても大丈夫です。

4.さっくりと混ぜます。

5.絞り袋に生地を入れます。

コップを使ってしぼり袋を広げると、生地を入れやすいです。

6.鉄板に少し間隔をあけて【5】を絞り出し、手で優しく形を整えます。

生地が固くて絞り出しにくい場合は、少しだけ湯煎して生地を緩ませるとやりやすいです。

7.180℃で12分焼き、出来あがり!

お使いのオーブンによって焼き時間が異なるので、12分を目安に焼き足してくださいね。

ミルクティーやカフェオレに合わせてももちろん美味しいですが、一番のオススメはほうじ茶ラテです。

ほうじ茶の香ばしさと栗の組み合わせはまさに至福の味♩

ほうじ茶ラテは、ほうじ茶を濃いめに煮出し、牛乳と少しの黒糖を入れ一煮立ちさせます。

ミルクフォーマーで泡立てると口当たりが滑らかになり、さらに美味しいですよ。

 

ラッピングについて

お次はラッピングです。

キャラメル包みをした箱に十文字に毛糸をかけ、小包風のラッピングをしました。

トナカイ柄のラッピングペーパーは、ソストレーネグレーネのものです。

毛糸は、蔵前のKeitoで購入しました。

Keitoは、世界中から集められた毛糸が所狭しと並ぶお店です。

編み物にはもちろん、ラッピングやインテリアに使えるものが沢山あるので、気になる方はぜひ行ってみてくださいね。

 

冬の終わりに作る、大切な人への贈り物菓子。

あたたかな気持ちが伝わりますように。