NEXT WEEKEND DATE

いつもより遅く起きた、週末の朝。

そんな日にはゆっくりブランチを楽しんでみませんか?

この連載では毎月、週末のブランチに作りたいパンのアイディアレシピをお届けしています。

今回ご紹介するのは、市販のクリームパンをアレンジした「クレームブリュレトースト」。

とろっとしたカスタードクリームと、キャラメリゼしたパンはまるでクリームブリュレを食べているかのよう。

酸味のある、いちごのソースとの相性も抜群ですよ。

 

クリームブリュレ風トースト

 

材料(2個分)

クリームパン…2個
卵…1個
牛乳…100cc
バター…5g
砂糖…大さじ1
飾り用ミント(あれば)…適量【いちごソース】
いちご…4個
白ワイン…50cc
バルサミコ酢…小さじ1
砂糖…大さじ1

作り方

1.クリームパンの両面にフォークで穴をあけておく。

2.卵を溶いて牛乳を加え、卵液を作る。
【1】で穴をあけたクリームパンを卵液に30分浸す。
途中で裏返して卵液を全体にしみ込ませる。

▼卵液に入れた直後

▼卵液がしみ込んだ後

3.卵液を染みこませている間にいちごソースを作る。
いちごを縦半分にカットし、砂糖、白ワイン、バルサミコ酢と一緒に鍋に加えて中火で加熱する。

ソースにとろみがついてきたら、火を止めて冷ます。

4.フライパンにバターを入れて溶かしたら、クリームパンを弱火でじっくり両面を焼いていく。

5.両面が焼けたら、砂糖大さじ1を片面に載せてひっくり返し、キャラメリゼする。

6.クリームパンをお皿にのせて【3】で作ったいちごソースとミントをトッピングしたら完成!

いちごソースでお皿をデコレーション

今回作ったいちごソースはとろみがあるので、デコレーションに使うこともできます。

白いお皿に等間隔でソースをおいていくだけで、カフェみたいな仕上がりに。

このひと手間でちょっと特別なブランチに変わるはず。

それでは、素敵な週末を。