NEXT WEEKEND DATE

身近な持ち物に刺繍をすることで、いつもよりちょっと彩り豊かな日々を送ってみませんか。

このコラムでは、オリジナルの刺繍デザインと、そのアレンジを毎月お届けしています。

今月は、刺繍のギフトタグの作り方をご紹介します。

もうすぐやってくるバレンタイン、お祝いごと、旅のお土産…。

暮らしの中で、贈り物を贈るシーンは意外とたくさんあるもの。

そんな時にさりげなく華を添えてくれるギフトタグを、刺繍で作ってみませんか。

 

図案

 

材料

・刺繍糸
・リネン10×15㎝:2枚(仕上がりサイズ3.5㎝×8㎝)
・ハトメ
刺繍のための基本道具、糸の使い方は、こちら

今回使用するステッチ

今回は、バックステッチ1種類です。

バックステッチ・・・等間隔の直線が連なるステッチ

1.【1】から糸を出し、後ろに下がって【2】に入れ、下がった幅の2倍先の【3】から出します。

2.画像のようになっていたらOKです。

3.工程1の最初に刺した場所【4】に針を入れ、【5】から出します。

4.工程1~3のように、1目戻って2目進むように繰り返すと、工程4のようなステッチができます。

 

アレンジ

まずは、シンプルなタグの作り方をご紹介します。

布で作るタグの作り方

1.表布の表中央に図案を写し、刺繍します。
このときにタグの形も決めて書いておきます。

2.表布と裏布を外表に重ね、タグの形に沿ってチェーンステッチを施します。
(ここでは25番糸/3865・2本どりで刺しています。)

3.余分な布地をカットします。
今回はギリギリでカットしていますが、少し布地を残してみても◎。

4.紐の通し穴を開け、ハトメをつければ完成です。
(ハトメのキットを購入すると穴を綺麗に開けることができますよ。)

 

紙刺繍で作るタグの作り方

布よりも気軽に挑戦できる紙刺繍もおすすめです。

1.刺したい紙に図案を鉛筆で写したら、針で穴をあけていきます。
穴の間隔が近すぎると、糸を通したときに紙が破れやすくなってしまうので注意しましょう。
(下書きは糸で隠れますが、糸を通す前に消すとより安心です。)

2.あけた穴に糸を通していけば完成です。

 

大切な人を想いながら、手作りする時間をぜひ楽しんでみてくださいね。
(図案: Hitomi Sakano