NEXT WEEKEND DATE

大きな声では言いづらいちょっとした悩みや、あえて近い存在のひとには話しにくい悩みは誰にでもあるもの…。

この連載では、みなさまから匿名で募集したお悩みに、NEXTWEEKEND編集長 村上萌が答えていきます。

今日ご紹介するのは、もうすぐ結婚式なのに、なぜこの人を選んだのかと悩んでいる相談者さんからのお悩みです。

こんな深夜にすみません。誰かに話を聞いてもらいたくて今書いています。
夫とは結婚してもう少しで一年経ちます。
基本的には仲良く過ごせるのですが、価値観のズレやお互いのプライドを傷つける事があると、言い合いになり、そして険悪な雰囲気になってしまいます。(恥ずかしながら2日おきに揉めてる気がします。ひどいときは数時間おき)
相手を理解しよう、理解したいと思っても中々出来ず自分が悪いんだと落ち込む日々です。
夫から言われる言葉は自分を否定されて、マウンティングされてるようなそんな物言いに聞こえ、なんでこの人と結婚したんだろうと悩んだり、でも自分が選んだ人だから上手くやりたい。
でも腹が立って仕方がない…この繰り返しです。
数ヶ月後に結婚式を控えてるので、揉め事なく進んだらいいなと思うのですが、そんな上手くいくわけないか…と諦め半分、二人で素敵な式を作り上げられたらという期待半分です。
わたしは学歴が低かったり家が田舎で農家をしていて、大学卒で親御さんもお堅い職業の夫から見たら馬鹿にする対象なのかなどうせ馬鹿にしてるんだろうなと卑屈になってしまいます。
夫は自分が一番偉いと言います。
とにかく自信があるみたいです。
私も大人気ないですが、相手に一歩譲る余裕がありません。
そんなこんなあり、夫の体臭とか見た目も気持ち悪くなってきて近づかないで欲しいと思うこともよくあります。
書いていて、なんで結婚したんだろう?とますます思ってきました。
どうしたら上手くやっていけるのでしょうか…
めちゃくちゃな文で本当にごめんなさい。
もえさんのような素敵な方からはかけ離れた悩みなのですが、駆け込み寺のような感覚でメッセージを書かせてもらいました。
すみません。ありがとうございました。
(26歳・女性・主婦)

こんにちは。

今新大阪に向かう新幹線の中でこれを書いています。

今年、札幌から大阪へ引っ越すことになったので、この週末で物件を探す予定なのです…!

良いところが見つかるといいなぁ。

そしてお悩みの投稿ありがとうございます!

夜中に1人で悩んで送ってくださったんですね。

うまくこたえられるか分からないのですが、「なんとしてでも、このお悩みにこたえなくては…!」と感じてしまい選ばせてもらいました。

よく知らないのに「そんな彼…!」なんて無責任なことは言えないので、基本的には旦那さんとの結婚生活を改善する方向で進めますね。

まず、相談者さんはこれまでに、言い合いにならない形で旦那さんに自分の気持ちを伝えたことはありますでしょうか?

事実と、それに伴う感情をちょっと紙に書き出して整理してみてください。

相談者さんが劣等感を感じてしまっている事柄と、それを揶揄された時の気持ちを文字にしてみてください。

学歴はこれからも変えられるかもしれないけど、変えられない生い立ちを見下されるのは、アイデンティティを否定されるようで辛いですよね。

でも、もしかすると旦那さんは旦那さんで、とにかく勉強させられて、良い学校と良い会社に入ることが全てのような教育を受けてきたのかもしれません。

そういう人にとっては、それを見下すことで傷つく人がいることも想像できていないかもしれないし、もしかすると彼自身、そうしないと保てないほど、本当は自信がないのかもしれません。(自覚はしていないかもしれませんが)

「どうせバカにしてるんでしょ」と卑屈になって、真っ向勝負するのではなく、小さな頃から相談者さんが見てきたご両親の背中、生産しているものへの尊敬や、そこに誇りを持っていることをちゃんと伝えられるといいなと思います。

相手が自分を傷つけようとした時に、応戦してしまえば喧嘩が始まりますが、それがどれだけ悲しいことで、自分はどれだけ傷つくか、ということをちゃんと伝えようとすれば、彼の中で罪悪感も芽生えてくれるかもしれません。

これからも続く結婚生活、そこは冷静な時にちゃんと話して、理解してもらうように努力したいですね。

相談者さんの劣等感とその時の感情を言語化できたら、その後は、旦那さんの尊敬しているところと好きなところ、最後に、これから2人でどんな夫婦になることが理想か、ということを書き出してみてください。

全部をいっぺんに書き出して、同時に伝えてもいいかもしれません。

大事なのは、あなたのここが好きでここを尊敬していて、こんな夫婦になりたいと思っているけど、今こういうことにすごく傷ついているから、一緒に改善したい。

という、夫婦の現状にちゃんと向き合ってみるということです。

そうやって向き合ってみると、もしかすると相談者さんの方にも、彼にバカにされないようにと必死になって、プライドを傷つけるようなことを言ってしまっていたり、言葉にして伝える努力をしていない、という点が見つかるかもしれません。

私も夫と約10年一緒にいて、そりゃもちろん色んなことがあって、「もうだめかも」と思ったことも、正直無きにしもあらずです。

だけど、お互いが声を張るような言い合いになったことは一度もなく、常に、なんで今こうなっちゃったかを一緒に考えてきました。

この先も一緒にいるのか、はたまた別の道を歩むのか。

その二択の中で、選ぶ道が前者なのだとしたら、揉めて過ごすなんて、気持ちもすり減るし、仕事にも睡眠にも支障が出るし、そもそもつまんないし、一緒にいる上で何も得るものがありません。

そういう意味では、お互いドライ(というか冷静?)なのかもしれません。

結婚というプロジェクトを遂行するパートナー間で、トラブルが起きた時に、どう改善するかを考える。

なぜならプロジェクトはこれからも進行していくつもりだから。

それだけなのです。

どちらが偉いかを決めるのではなく、お互いに尊敬するところを見つけて、一緒に楽しく結婚生活を作っていけたら良いですよね。

あくまでも、急に冷静になって彼を諭すのではなく(プライドの高い彼ならなおさら、ここは一枚上手になって、弱った感じで伝えたらいいと思います)相談者さんの方から、彼の尊敬するところ、好きなところ、これからの理想像を伝えて、現状の2人の問題について、どうするか相談する、という形をとってみてください。

(相談する、というのが大事!一方的に意見を言ったり、辛さを訴えたりするのではなく、これからどうしようか、とちゃんと前を向きながらも改善しようとする姿勢を見せることがポイントです。)

どうか結婚式までに2人の中で希望が見えますように。

応援しています!そしてもし何かあればまたいつでもご連絡ください。

何ができるわけじゃないけど、相談者さんにとっての駆け込み寺になれるなら本望です。

 

お悩み募集中!

「編集長がこたえます!」では、みなさまからのお悩みを募集しています。

大きな声では言いづらいけどちょっと誰かに聞いてほしい…

そんなお悩みがある方はぜひ以下のフォームからご投稿ください。

お悩み投稿フォームはこちらから

※すべての質問に回答できるわけではございません。
また、頂いたお悩みはNEXTWEEKEND/村上萌の発信する他のコンテンツで使用させて頂く場合がございますこと予めご了承のほどよろしくお願いします。