NEXT WEEKEND DATE

身近な持ち物に刺繍をすることで、いつもよりちょっと彩り豊かな日々を送ってみませんか。

このコラムでは、オリジナルの刺繍デザインと、そのアレンジを毎月お届けしています。

今月は新年の抱負にもぴったりなアルファベットのメッセージ刺繍をご紹介します。

 

“See the good”は「良いものに出会う」という意味。

良いもの、良い人、良い出来事を結んでくれるようにという願いを込めて、刺繍で抱負を綴ってみませんか。

図案


材料

・刺繍糸
・刺繍枠(今回は直径15.5㎝のものを使用)
・布
刺繍のための基本道具、糸の使い方は、こちら

 

今回使用するステッチ

今回は、チェーンステッチの1種類です。

①チェーンステッチ・・・鎖型をつないで線を描くステッチ。
面を埋める表現にも使用する。

1.【1】から糸を出し、【2】(【1】と同じところ)に入れ、【3】から針先を出し、糸が針の下を通るように掛けて引く。

2.鎖型が1つできる。

3.【4】(【3】と同じところ)に入れて【5】から針先を出し、糸が針の下を通るように掛けて引く。

4.これを繰り返していく。
鎖の大きさを揃えるときれいに仕上がります。

 

ステッチのコツ

チェーンステッチで角をきれいに表現するときのコツ

今回のデザインの中にある“e”のように途中に角がある文字は、角がしっかり鋭角に見えるように刺すと綺麗に見えます。

【1】から【2】の方に刺し進める時、まず【1】の終点で一度刺し終えてしまいます。

そして最後の鎖型の中央(チェーンの先端)から針を出し、【2】の方向に刺し進めていきます。

直角に曲がる部分(赤丸の部分)をそのまま糸を続けて刺してしまうと、角が浮いてしまいすっきり見えません。

こうした少しのコツでデザインがぐっと綺麗に見えますよ。

文字の刺繍は書き順を意識しましょう

今回の図案の“th”や“g”のように途中で交差する文字の場合、素直に書き順通りに糸を重ねて刺繍することで、違和感の無い自然な仕上がりになります。

 

刺繍枠飾りの仕立て方

 

こんなふうに、刺繍枠を額縁としてそのまま飾るのもおすすめ。

そんな時は、裏も綺麗に仕上げましょう。

1.刺繍する布を広げ、上に刺繍を重ね、刺繍枠の外側約3㎝の位置で布を断ちます。

2.布端から1㎝程の位置をぐるりと1周ぐし縫いし、内枠が隠れるように糸を引き締め、玉どめしたら完成です。

見えない部分ではありますが、綺麗に仕上げた方が飾るときも気持ちが良いです。

 

アレンジ

今回おすすめのアレンジは、チェーンステッチに別糸を巻きつける「巻きつけチェーンステッチ」。

その名の通り、チェーンステッチに糸を巻きつけるだけで、まるで別のステッチのような仕上がりになりますよ。

1.1つ目の鎖型の横から別糸を出し、2つ目の鎖型に別糸を通します(布地はすくいません)。

この時、針穴側から通すことで、ステッチや布地を刺して傷めてしまうのを防ぐことができます。

2.3つ目以降も同じように繰り返していきます。


▲今回の図案の“S”に巻きつけるとこうなります。


▲裏返すと、布地には刺していないのが分かります。
今回はシンプルなデザインですが、布地の柄、糸の色次第で何通りもの表情を見せてくれます。

 

それぞれの暮らしに馴染む、ベストな組み合わせを見つけてみてくださいね。