NEXT WEEKEND DATE

陶器市やマルシェなどのイベントがあれば足を運び、ギャラリーへ通い、買い集めてきた器で食器棚が溢れるようになって数年。

そんな中で見つけてきたお気に入りの器作家さんや食器メーカーを少しずつご紹介していきたいと思います。

今回は私の運営している器の店 MY TABLEでも取り扱っている、3人の陶芸作家さんの器をご紹介します。

ふだんのテーブルを楽しくしてくれる、可愛らしい雑貨のような器たちです。

 

ポップで愛らしい
徳田吉美さんの器

ポップな色合いが目を引く徳田吉美さんの器は、気分を上げたいときに活躍してくれます。

ひとつあるだけでテーブルがパッと華やかになるデザインは、シンプルな盛り付けがよく映えます。

定番の形で色々な絵付けの器を作られているので、同じ形で違う模様を買い足していくのも楽しいですよ。

よく使っているのは取っ手のないカップ。

手でカップを包むようにもって、手も温めながらホットドリンクを少しずつ飲むのが、ひんやりした季節のお気に入りの楽しみ方です。

このカラーの模様たちは漆を接着剤にして、絵の具の粉をのせて仕上げています。

絵の具本来の色を出すことのできる漆のおかげで、くっきりとカラフルに仕上がるのだそう。

シールでの転写技術が発達したことで廃れてしまった技法だけれど、プリントした絵付けとはまた違う、フリーハンドの柔らかな線がとても好きです。

 

優しい色合いがかわいい、
遠野秀子さんの器

優しい色とカタチが特徴の遠野秀子さんの器。

ぽってりとしたマグカップには、古民家カフェ気分でホッとくつろげる甘いドリンクを用意したり。

コロンと丸い形がかわいい耐熱の器には、アヒージョなどコンロからそのままサーブしたい料理を。

テーブルに馴染む陶器製は、ふだんの料理を盛り付ける器として使いやすいのが嬉しいところ。

ぱきっとした鮮やかな色使いの料理にも、柔らかで優しい雰囲気を加えてくれます。

遠野さんの器は、植物のカタチや果物の断面をモチーフとして取り入れています。

最近は熱海と南伊豆の2拠点で活動されていて、ご自宅のある南伊豆では、兼ねてから興味のあったお米作りもはじめられたのだとか…!

遠野さんの生活の変化で、新しい器が生まれるんじゃないかと、そんなことも密かに楽しみにしています。

 

自分のお気に入りを見つけたい
鈴木敬子さんの器

渋い色合いで、和にも洋にも、いろんな料理に合わせやすい鈴木敬子さんの器。

均一じゃない揺らいだフチや、取っ手付きの小鉢など、ほんのりお茶目な形をした器がたくさん。

テーブルに馴染みつつも、ユーモアを加えてくれますよ。

なんだか動き出しそうな形のかわいいぐい呑があれば、ちょっと渋いお酒だって、ゆるやかに楽しめちゃいます。

とんがり型の器について、“このとんがりがあった方がかわいいなあと思って”と柔らかくお話されていた鈴木さん。

実用性や収納性だけじゃなく、そんな風に感性で作られていることにびっくりしつつ、お茶目な器の隠れたストーリーを感じて、より愛しく思うようになりました。

 

気になる窯元や作家さんが見つかったときは、SNSやウェブサイトで情報を提供されていることも多いので、取扱先やイベント参加の情報をぜひチェックしてみてください。

すぐに買いに行ける取扱店舗がなかったり、イベントに行けても狙っていたものは出展されていなかったりと、思うようにいかないことも多いのですが、その分お気に入りの器に出会えたときの喜びはひとしおです。

予定外に買ったものが、意外とよく使う器になったり、そんな嬉しい出会いもあるかもしれません。