NEXT WEEKEND DATE

いつもと同じおかずでも、盛り付けを変えると新鮮に。

ご飯の上におかずをのせていく「のっけ弁」は、しきりなどはせず、順番にどんどん乗せていくだけなので、盛り付けも簡単で、見た目も新鮮!

今回は鶏つくねをメインにしたのっけ弁をご紹介します。

つくねは串に刺すことで、さらに楽しいお弁当に。

つくねのタネは、鶏団子鍋やミートボールなどアレンジ自在なので、残ったら冷蔵保存しておくと便利です。

 

鶏つくねのっけ弁

作りやすい分量

・鶏モモひき肉…350g
(好みでムネ、またはモモとムネを混ぜても良い)
・玉ねぎのみじん切り…1/4玉分
・卵…1個
・パン粉…1/4カップ
・砕けるタイプのコンソメ…1個
・酒…小さじ2
【タレ】
・醤油、みりん…各大さじ1

作り方

1. 材料を全て混ぜ、よく練る。

2. タネを弁当箱の大きさに合わせて、長めの俵型にまとめる。

3. フライパンに油少々を熱し、タネを並べる。

4.こんがり焼き色がついたら裏がえし、水大さじ1を入れて蓋をして弱火で5分焼く。

4. 蓋を取ってつくねを取り出し、醤油とみりんを入れ、とろみがつくまで弱火で煮詰める。

 

のっけ弁の詰め方

それではお弁当箱に詰めていきましょう。


gif画像を使用しています

今回は鶏つくねの他に、長ネギとシシトウをこんがりと焼いたもの、味玉、大根の甘酢づけと紫キャベツのナムルを用意しました。

ご飯の上に直接盛り付けますので 甘酢づけとナムルの水分はしっかり切りましょう。

最後につくねにタレとゴマで飾って完成です。