NEXT WEEKEND DATE

生まれ故郷、今住んでいる場所、ゆかりのある土地…
それぞれの人目線で、様々なお国の魅力を
紹介していく記事リレー「お国じまん」。

今月は、Weekender編集部メンバーから
2人にバトンを渡していきます。

1人目は、奈良の魅力を発信する
WEBメディアでも活躍している紗規さん(@913saki)。

修学旅行で行く奈良のイメージとは一味違う、
素敵な奈良の楽しみ方を教えてくれました。

 

本当は秘密にしておきたい
奈良のパワースポット

こんにちは。
Weekender編集部の紗規です。

わたしは阿波踊りのまち徳島で生まれ、
大学進学を機に大阪に出て、
就職のため奈良へ移り住みました。

かれこれ奈良での暮らしも5年目に突入し、
ならぐらし」という奈良の魅力を発信するメディアの
編集をしている仕事柄、県内を走りまわっているので、
よく「奈良のおすすめ教えて~!」と尋ねられます。

そこで!今回は修学旅行のイメージとはまた違う、
ほっと一息つけるパワースポットをご紹介したいと思います。

知ってほしいけど秘密にしておきたい、
そんな素敵な場所を厳選しました。

 

カフェ巡りが好きな方に

くるみの木

1984年のオープン以来
全国各地から多くの人が訪れ、
行列が絶えることのない人気店「くるみの木」。

カフェで過ごす時間が好きという方に
ぜひ訪れて欲しいお店です。

わたしもたくさんの友人を連れて行きました。

おすすめは季節の素材や奈良県産の野菜を使った、
週替わりのおばんざいと混ぜごはんのランチ。

からだにすーっと沁みこんでいくやさしいお味に、
きっとため息をついて「おいしい…」の一言をこぼしてしまうはず!

紫陽花、葡萄、ラズベリーと、
季節により異なる表情を見せてくれるお庭も美しく、
併設している雑貨・食材店「cage」では、
オリジナルジャムやコーヒーをはじめ、
カフェで使われている器や生活道具を購入することもできます。

鹿の舟

それから、ならまち散策をされる時は
くるみの木と系列店の「鹿の舟」がおすすめ。

小さな田んぼや畑があり、
こちらでも奈良県産の食材を使った
サンドイッチなどの軽食やオリジナルドリンク、
季節のデザートが食べられます。

 

MAHO-ROBA -forest-

息抜きがしたい!という時に
おすすめなのは「MAHO-ROBA -forest-」。

店名の“まほろば”という言葉は
日本の古語で“素晴らしい場所”という意味。

その名の通り、静かで空気が澄み切った
生駒山の中に位置しています。

ランチ、ディナー共に完全予約制。

季節の野菜を中心に、
目にも美しいコース料理を堪能することができますよ。

噛みしめるたび深呼吸がしたくなる一皿…。

食材の意外な組み合わせは何度行っても感動します。

14時以降はカフェ利用が可能。

暖かい日は、木漏れ日が美しい
ウッドデッキ席がおすすめです!
(なんとご夫婦のDIYによるものだそう)

時間を忘れ、自分も自然の一部なんだなあと心から実感します。

 

とっておきに出会いたいなら

空櫁soramitsu

ストーリーのあるものに出会いたい
という人におすすめしたいのが、
高畑町の奥の奥に佇む「空櫁soramitsu」。

日常を少し豊かな気持ちにしてくれる、
日本の道具とうつわのギャラリーです。

全ての作品から呼吸が感じられる、
とっても心地良い空間にしゃきっと背筋が伸び、
そのものが作られた背景に触れたい気持ちが高まります…!

気になるものがあれば、店主の五井さんが
作家さんや特徴をやさしく丁寧に説明してくれるのでご安心を。

定期的に開催される企画展も要チェック。

春日山原始林が近いので、
お庭に鹿のお客さんが来ることもあるそうですよ。

高畑町エリアはゆるやかな時間が流れる
素敵なショップが多いので、
春日大社からの散策にぜひどうぞ。

 

 

 

一度は泊ってほしいクラシックホテル

奈良ホテル

1909年に“関西の迎賓館”として創業した「奈良ホテル」。

アルベルト・アインシュタイン、
ヘレンケラー、オードリー・ヘップバーンなど
数々の著名人が来館した歴史があり、
きっとその独特の雰囲気にうっとりしてしまうはず。


レストランやティーラウンジ、
ホテルショップは宿泊できなくても利用可能。

メインダイニングルームの「三笠」は創業以来の空間で、
お昼はビーフシチュー奈良ホテル風、
朝食は茶がゆ定食がおすすめです。

“大和の朝は茶がゆで明ける”と言われるほど、
昔から親しまれてきた奈良の郷土料理。

クラシカルな空間でぜひ堪能してください。

泊まってこそ楽しめる早朝のお散歩は、
飛火野エリアがおすすめ。

芝生の上でのびのびと過ごす鹿の群れに出会えます。

 

 

せっかくならちょっと足をのばして

käsi

奈良をゆっくりまわりたい人は
レンタカーが便利!

車社会と言われているので、
駐車場のあるお店が多いんです。

次は、車だからこそ行ける
お気に入りのお店をご紹介しますね。

奈良公園から車で約20分。

茶畑が広がる田原地区に静かに佇む、
自家製パンと焼き菓子のお店「käsi」。


(▲写真は紗規さんのご自宅)

コーヒーとラムレーズンのケーキや
河内晩柑のケーキ、苺ショコラサブレなど
旬の素材を使ったパンや焼き菓子のおいしいこと…。

今はレモンケーキやケイク・オ・ショコラが並んでいます。

イートインだけでなくテイクアウトもできるので、
ご褒美としておうちでのカフェ時間を楽しむのも◎

 

narayamasou

#discoveryoshino 企画でもお馴染み吉野町にある
古民家レストラン「narayamasou」。

コンフィチュール作家東史さんが
手がける旬のコンフィチュールを使った
ランチやデザートを楽しむことができます。

この日のサラダには奈良県産の
ほおずきを使ったコンフィチュールのドレッシング、
前菜にはミルクとレモンジンジャーの
コンフィチュールがそれぞれ使われていました。

選べるメインは宇陀味鶏と
原木椎茸のクリームライス。

ドリンクは梅のコンフィチュールを
ソーダ割りでオーダー。

奈良に来たなら、奈良の食材を
思う存分いただいてください。

東さんはジュニア野菜ソムリエでもあるので、

青トマトや茄子、玉ねぎなど野菜を使った
珍しいコンフィチュールが並ぶことも…!

旬の素材を使っているため
季節により品揃えは変わりますが、
店頭で購入することもできますよ。

手土産にもいいサイズ感で、
ギフトボックスも用意されています。

 

 

個人的なおすすめはまだまだありますが…!
行くと元気が出るようなパワースポットを
今回は #お国じまん させていただきました。

県外出身者だからこそ伝えたい、奈良の良さ。

兵庫や大阪、京都へのアクセスも便利ながら、
自然との距離がちょうどいいなあと感じています。

奈良にお越しの際の参考や、
新たな発見に繋がればうれしいです。