NEXT WEEKEND DATE

先日、「暮らしの野心がふくらむ旅」として
ご紹介した北海道・旭川エリア。

暮らしの野心がふくらむ街。編集部が旅した北海道・旭川エリア

次は番外編として、
旭川をさらに満喫できるような場所やものを
「泊まりたいホテル」
「はしごしたい夜の街」
「とっておきのお土産」
に分けてご紹介したいと思います。

私たち編集部も最初はそうだったのですが、
北海道初心者だとつい欲張って
様々な北海道の有名エリアを
はしごして巡りたくなるんですよね。

でも本州に置き換えると、
同じ北海道内とはいえど
例えば旭川と函館の距離って
東京と関西くらいあるんです…!

せっかくの旅行で移動ばかりになっては
時間がもったいないし体力的にも辛いもの。

「旭川周辺エリア」と決めたら、
その周辺をじっくり深掘りしながら
楽しむことこそ、旅の贅沢かもしれません。

 

旭川で泊まりたいホテル

まず宿泊先としてご紹介したいのは
星野リゾート OMO7 旭川」。
(オモセブンと読みます)


▲北海道といえば、の白樺がお出迎え。
ハロウィン前だったのでかぼちゃの装飾が♩

「寝るだけでは終わらせない、
旅のテンションを上げる都市観光ホテル」が
コンセプトのこちらのホテル。

入り口入ってすぐ、
遊び心あふれるパブリックスペースが広がります。


▲入り口入ってすぐにウェルカムドリンクが出てくる蛇口


▲旭川や北海道の情報が知れるライブラリー。
コーヒーを飲みながらのんびりできます。


▲おしゃれな照明だなあと思ったら、旭川ラーメンのどんぶりでした(!)

 

カラフルな配色が可愛い各客室は
ソファとしても使えるベッドに、
旅の作戦会議ができるテーブルが。


▲北海道の放牧された動物たちのミニチュアがお出迎え。

 

カフェ&バーでは、
北海道で有名な「シメパフェ」が楽しめます。

ちょっと驚いたのが、OMO7ではあえて
夕食の提供などはしていないんです。

それは、ホテルの中だけにこもらず
外に出て旭川の楽しい夜の街を楽しんで欲しいという、
とにかく地域とお客さん想いな理由。

そしてそのために
街の情報を提供してくれるのはもちろん、
OMOレンジャー」と呼ばれるスタッフの方々が
なんと一緒に夜の街を巡って案内してくれる
オプションサービスもあるんです…!


▲OMOレンジャーについては次の章でご紹介します♩

 

それから、朝が楽しいのも
OMO7の大きな魅力。

北海道の食材がたっぷり使われた
思わず心おどる朝食ビュッフェが楽しめます。


▲常時20種類以上揃う、パンのツリーが圧巻!


▲その場で焼いてくれるワッフルには、種類豊富なトッピングを自由に盛り付けて。


▲ついデザートも欲張っちゃいます…。

 

個性豊かな企画やフォトジェニックな空間が
楽しめるということだけでなく、
OMO7の本当に素敵なところは
訪れたお客さんに旭川を楽しみ尽くしてもらい
結果として旭川という地域が活性化することを
使命として運営していること。

ホテルの設計や、行われている企画ひとつひとつに、
そんな想いをきっと感じられるはずです。

旭川に訪れる時には、
ぜひ宿泊先として選んでみてはいかがでしょうか♩

 

星野リゾート OMO7 旭川
北海道旭川市6条通9丁目
TEL:0166-24-2111
料金:2名1室利用時の1名あたり5000円~

 

はしごしたい夜の街

旭川、実は夜の街が
なかなかディープで楽しいんです。

せまい路地裏に個性的な飲み屋さんや
食事処が密集していて、はしご必須。

ガイドブックやグルメサイトにも
載っていないような、地元の常連客だけが集う
アットホームなお店もかなり多いのです。


▲迷い込みたい…!

北海道の真ん中に位置する旭川は
いわば「食の交差点」。

北海道の各地でとれた美味しいものが
その日のうちに届くから、
名物を楽しみ尽くせるのだとか。


▲地元で愛される居酒屋「天金」にて。
刺身が新鮮で美味しく、そして安い。


▲二軒目のジンギスカン!「大黒屋」にて。

 

自分の直感を信じてピンときたお店を
自由にはしごするのもいいけれど、
地元の人のように小慣れた様子で
街に溶け込めたらもっと楽しいはず…。

そんな夜の楽しみを叶えたいときは、
さきほどご紹介したホテルOMO7にいる
OMOレンジャーたちに相談するのもおすすめ。
※宿泊者のみのオプションサービスです。(一部有料)

体験してよかったことや感動したこと、
時には失敗談も生かしながら、
街を遊び尽くすベストコースをシェアしてくれます。

現地に住む友達と旅するような感覚で
かなりフレンドリーに街を案内してくれますよ。
(実際旭川に昔から住んでいる
スタッフさんがほとんどだそう!)


▲OMOレンジャーがいると、お店の方々もよりフレンドリーに接してくれるので
なんだかちょっと旭川に暮らしている気分に。

旭川に来たらぜひ
古き良き風情を残した商店街や路地裏のお店で
美味しい北海道の名物を楽しんでみてくださいね。

 

とっておきのお土産

幻のトマトジュースがある」と
北海道に住む方々からじわじわ噂には聞いていました。

それがこの、ゴロンタトマトジュース。

今や道外からもリピートが絶えない
大人気商品なのだとか。

無農薬でトマトづくりをしている
パラダイスファームさんが
トマト100%で作った(塩も水も使わず!)
とっても贅沢な一品。

フルーツのように甘く、ぎゅっと濃厚。
だけど驚くほどさわやかで
美味しさがじんわり体に染み込んでいきます。

手間と時間はかかるけれど、
トマトを収穫してから追熟させるのではなく
木でしっかり熟させることが美味しさの秘密なのだとか。


▲畑には、手作りの素敵なテーブルが。
ここで時々家族と食事をすると言うから、豊かすぎて泣けました。


▲小屋や併設のショップもほとんどが手作りだそう。

 

いま手にしているものが、どんな所で生まれて、
どんな人に育てられたのかを知っているだけで、
「おいしい」の言葉はぐっと深くなるはず。

旭川に訪れたら、とっておきのお土産として
買って帰りたい一品です。

パラダイスファーム
北海道旭川市東旭川町東桜岡50-1
TEL:0166-36-5458

 

いかがでしたか。

この秋編集部が発見した旭川エリアの魅力を
2記事に渡ってお送りしましたが、
まだまだ私たちも巡ってみたいスポットでいっぱい。

ぜひ皆さんが旭川に訪れた際には
#discoverhokkaido
感じた魅力を切り取って教えてくださいね。

(提供元:北海道観光振興機構)