NEXT WEEKEND DATE

風が気持ちよくて過ごしやすい秋の夜。

おうちで過ごす夜時間には、キャンドルをひとつお供にしてみてはいかがでしょうか。

たまには部屋の照明を落として、キャンドルとゆったり時間を過ごせば、気持ちもほぐれるもの。

今日はテーブルの上でキャンドルを楽しむ方法をお届けします。

 

カッティングボードにおつまみとのせてみる


(カッティングボード:NEXTWEEKENDSTORE、グラス:iittala)

日常の些細なおしゃべりだって、とっておきのワインが一緒なら、ちょっと特別な時間になるもの。

おつまみのチーズやサラミをのせたカッティングボードには、キャンドルも一緒にのせると、暖かみのある雰囲気が加わります。

ろうがしっかり残っているキャンドルなら、そのまま置いてもカッティングボードに熱は伝わりませんが、カッティングボードにろうが触れるのが気になる方は、容器に入ったキャンドルを選んでくださいね。

 

秋色のお花とお皿にのせてみる


(アルミ皿:暮らしのたからもの)

ほんのりダークカラーな生花やドライフラワーなど、秋はちょっとトーンの落ちたお花を部屋に飾りたくなりますよね。

キャンドルを秋の装いにしたいときも、秋色のリースやドライフラワーと一緒にお皿にのせるのがオススメです。
いつものキャンドルも、ぐっとイメージチェンジできますよ。

読書時間のお供にすれば、次の週末の過ごし方のアイディアも湧いてきそうです。

ティーカップキャンドルを空きビンに入れてみる


(ボーダー皿、カップ:徳田吉美)

ろうが容器の中に入っていてお手頃価格なので、気軽に使いやすいティーカップキャンドル。

キャンドルホルダーだけではなく、他の容器に入れてみるのもおすすめです。

例えば、なんとなくとっておいた空き瓶に入れてみてはいかがでしょう。

キャンドルホルダーを揃いで持っていなくても、似たサイズの瓶なら気軽にいくつか並べられるのが嬉しいところ。

ちょっとしたおやつタイムにささっと用意すれば、おうちカフェの達人になれるかも。

 

シンプルなキャンドルも、少し工夫して使ってみれば、ご機嫌な時間が過ごせるかもしれません。

キャンドル使いのアイディア、ぜひ試してみてくださいね。

 


MYTABLE
不定期に店主が店番をする熱海のうつわ屋。
10月のオープン日:6日(土)、20日(土)、21日(日)