NEXT WEEKEND DATE

9月になり、少しずつですが秋の気配も感じられるようになってきました。

秋は運動会やピクニックなど、お弁当を作る機会も多いですよね。

今回はそんなシチュエーションにぴったりな韓国風太巻き(キンパ)をご紹介します。

ビビンバ風の味付けですので、酢飯が苦手な子供にも大好評です。

 

韓国風のり巻き(キンパ)

太巻き2本分の分量

・炊きたてご飯…1合分
・海苔…1枚
ご飯の味付け
・ごま油…小さじ1
・塩小さじ..1/4
・炒りごま…適量
具材
・牛肉細切れ…100g
・ピリ辛ダレ(醤油 大さじ1、砂糖 小さじ2、日本酒 小さじ2、コチュジャン 小さじ1/2、ガーリックパウダー 少々)
・にんじん(千切り)…5cm分
・豆苗(2等分に切り分ける)…1/2袋分
※ほうれん草、小松菜、春菊でも美味しい。
・ナムルダレ(ごま油 大さじ2、すりごま 大さじ2、塩 醤油 砂糖 各小さじ1/2、ガーリックパウダー 少々)
・卵…1個
・砂糖…小さじ1
・塩…ひとつまみ
・たくあん…50gくらい

 

作り方

下準備

1. 豆苗、にんじんはレンジでしんなりさせてから水気を絞り、ナムルダレで調味する。

2. フライパンにごま油適量を熱し、焼く食前にピリ辛ダレを絡めた牛肉を入れ煮汁がなくなるまで炒める。

3. 卵は塩と砂糖を加えよくときほぐし、卵焼きを作り、1cm角になるよう横切っておく。

4. たくあんは輪切りにしてから細切りにする。

5. ご飯は塩、ごま油で調味し、炒りごまを混ぜる。

 

巻き方


gif画像を使用しています。

 

1.巻き簾にご飯を上1cm程度残して乗せる。

2.真ん中に具を隙間がないようにきっちり並べる。

3.巻き簾ごと、具を指で押さえながら手前を上のご飯の終わり部分目指して巻く。
手でしっかり握りながら巻いていく。

4.ラップをピッチリ巻く。
ラップごと切ると、崩れずキレイに切れます。

太巻きの具はご紹介した以外にも、キムチやハム、カニカマなどを入れても美味しいです。

 

お弁当への詰め方


gif画像を使用しています。

抗菌作用もある笹の葉をひいて(濡れた状態で売っている市販品)、キンパを交互に詰めていき、隙間に卵焼きとミニトマトを詰めました。

 

手軽なレシピなのに豪華に見えるキンパ弁当。

ぜひ作ってみてくださいね♩