NEXT WEEKEND DATE

連載コラム「コーヒーとの暮らしかた」では、
コーヒーのプロフェッショナル木原武蔵さんに
おうちで楽しめる美味しいコーヒーの淹れ方や
ちょっとした豆知識をご紹介していただきます。

前回まではコーヒー豆と器具の選び方をご紹介しましたが、
今回からは実際のコーヒーの淹れ方についてです。

そんなわけで今日のテーマは「フレンチプレスの淹れ方」。

毎日のコーヒーライフをもっと
楽しくするための参考になれば嬉しいです。

 

フレンチプレスで
コーヒーを淹れてみよう

フレンチプレスはお手軽に美味しいコーヒーを
淹れることができる、優れた抽出器具。

ご家庭で上質なコーヒーライフを
満喫するためには欠かせない器具の一つです。

Bodumのプレスが一番有名ですが、
他の製品でも風味への影響はありませんので、
気に入ったデザインのものを見つけたらそれでもOKです。

準備するもの

・フレンチプレス
・コーヒー豆
・コーヒーミル
・沸騰直後の熱湯
・ドリップスケール (スケール+タイマーで代用可)

淹れ方の手順

まず最初に道具を準備したら、
まずコーヒー豆を粉にします。

ダイアルを粗挽きに調整したコーヒーミルに、
コーヒー豆を20g入れてゴリゴリと削っていきます。

電動グラインダーをお持ちの方も
同様に粗挽きで調整し、20gの粉にしてください。

出来上がり。
この画像に見える粉の粗さを基準に調整してみてください。

続いて、スケールにフレンチプレスをセットし
先ほど挽いた粉を入れます。

沸騰したてのお湯を注ぎ入れます。
粉60gに対して、1000mlの分量がおすすめ。
今回は30gの粉と500mlのお湯を使っています。

ブランジャーをセットし、4分待ちます。

4分経ったらブランジャーをゆっくりと押し下げていきます。

これで完成です。

出来上がったコーヒーは
コーヒーカップにそのまま注いでください。

 

レシピの調整方法

フレンチプレスは粉にお湯を注ぐだけのシンプルな抽出なので、
レシピ調整も簡単にすることができます。

基本のレシピは
60gのコーヒー粉に対して1000mlのお湯を注ぎます。

濃いめがお好きな方は
豆の量を70gに増やし、豆の挽き方を少し細かく。

薄めがお好きな方は
豆の量を50gに減らし、豆の挽き方を少し荒く。

あとはお好みの豆とレシピで
フレンチプレスで淹れたコーヒーを
ゆっくりと楽しんでください!

最後に

フレンチプレスは部品を分解して綺麗に洗い、
水分を拭き取り保管してください。

洗うときに割れやすいので要注意!

 

「コーヒーとの暮らしかた」連載予定
1. おうちコーヒーの基本
2. コーヒー豆の選び方のポイント
3. フレンチプレスの淹れ方
4. ハンドドリップの淹れ方
5. ドリッパーの紹介
6. エアロプレスの淹れ方
7. いつもとちょっと違うアレンジコーヒーの楽しみ方
8. エスプレッソドリンクの種類
9. コーヒーに合うお菓子の作り方
10. 色々な抽出器具の紹介
11. コーヒーカクテルについて
12. コーヒーが出来上がるまでの旅