NEXT WEEKEND DATE

ホームパーティに招かれたとき、
美味しいお料理はもちろん、
テーブルにちょっとした工夫や
気遣いがあると気分が高まりますよね。

特別なものを揃えなくても、
ペーパーアイテムを上手に使えば
テーブルを彩ることができます。

この記事では、
15名の#今日の小仕事アンバサダーたちによる、
ホームパーティに役立つ
ペーパーアイテムの使い方をご紹介します。

たくさんの小技が詰まっているので
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

お品書きを添えてみる

 

Moegiさん(@moegi.y)がシェアした投稿


日頃の感謝の気持ちを込めて、
旦那さんにベトナム料理でおもてなし。

お皿にお品書きを添えておくだけで、
コース料理が始まる前の
あのワクワクを味わえます♩

アンバサダーが使ったPRINTABLES
ホームパーティのおもてなしセット

ダウンロードはこちらから

 

K A O R Iさん(@_xkaorix_)がシェアした投稿


先日、バリ島を旅したアンバサダー。
旅先で一目惚れした器を使い、料理も再現して
思い出をさっそく食卓に。

手作りのメニュー表は、
テーブルクロスのギンガムチェックと
おそろいにして、統一感を。

アンバサダーが使ったPRINTABLES
ピクニックアイテムセット

ダウンロードはこちらから

遊び心のあるアイテムを用意してみる

 

Nao 。:°ஐ♡*さん(@naaaao47)がシェアした投稿


今の季節にぴったりな、
デザートがメインの
涼しげなテーブルを作ったアンバサダー。

ピクニックアイテムセット」の
ブルーのストライプのデザインを印刷した紙と
爪楊枝を使って、小さなパラソルを手作り。
ドリンクに挿しておけば
リゾート気分になれる、楽しい小技です♩

1.好きなデザインを印刷した紙を丸型にカットする。
2.3.4.丸型にカットした紙を半分に折り、ひだを作っていく。
5.6.中央に爪楊枝を刺せば完成!

 

小河 真奈さん(@mana_ogawa)がシェアした投稿


週末のブランチに、カラフルなオープンサンドを♩
数種類あるときには、それぞれに
小さなメニューカードを添えるのがおすすめ。
ビュッフェみたいに楽しみながら選べますよ。

好きな柄のペーパーナフキンを用意してみる

 

MAHO YAMAGATAさん(@m2post_)がシェアした投稿


ついバタバタとしてしまう朝の時間。
たまには特別な朝ごはんを家族にと、
プレゼントをしたアンバサダー。

お気に入りの柄をトレーシングペーパーに
印刷をしてペーパーナフキンに。
トーストに敷くと一気に特別感が出ます。
たくさん印刷をしておけば、
好きなサイズにカットをしてすぐに使える
便利なアイテムです♩
(インクがついた印刷面は、
食べ物に直接触れない様に注意してくださいね。)

アンバサダーが使ったPRINTABLES
大切な人へ贈りたい、ギフトラッピングセット

ダウンロードはこちらから

和食には箸置きを作ってみる

 

▶︎▷▷ k a e d eさん(@kaae)がシェアした投稿


お気に入りの和食器を使った
和風のテーブルには、
コーディネートも和風で統一したいところ。

和柄のデザインを印刷した紙でお箸置きを作れば
テーブルのポイントになりますよ。

アンバサダーが使ったPRINTABLES
お祝いのためのアイテムセット

ダウンロードはこちらから

テーマカラーのアイテムを用意してみる

 

Risaさん(@r_i_s_a_15)がシェアした投稿


レモンイエローをテーマカラーに
ティーパーティーを開いたアンバサダー。

レモンを使ったレシピに、
テーブルコーディネートも
ピクニックアイテムセット」の
イエローチェックで統一。
クッキーの敷き紙や
レースと組み合わせたメニュー表まで
同じデザインで揃えることで、
テーマに合った世界観を演出できますね♩

Kieさん(@kikjlove)がシェアした投稿


映画鑑賞が趣味のアンバサダーは
好きな映画をテーマにした
ピンクが基調のティーパーティを。

いつもの紅茶のティーバッグも、持ち手を
タグに付け替えるだけで可愛く変身します。
今回は、
大切な人へ贈りたい、ギフトラッピングセット
のタグデザインを使ったそう♩
いかがでしたか?

友人を招くホームパーティにはもちろん、
いつもの食卓でも簡単に取り入れられる
ペーパーアイテムを使った小技。
ぜひ挑戦してみてくださいね。

NEXTWEEKENDの「季節の楽しみと小さな工夫」というコンセプトのもと、他企業や他ブランドと共に、今より少し楽しい生活を考えていく記事広告コンテンツです。
プロジェクトごとにオリジナルの共通言語(ハッシュタグ)を設定し、企業/ブランドとNEXTWEEKEND、そして読者である女性たちで、理想の生活を叶える“コミュニティ”を一緒に作り上げていきたいという思いが込められています。