NEXT WEEKEND DATE

夏らしいことはしたいけれど
暑い日が続いて、外に出ることが
ちょっと億劫になっている今日この頃。

そんな週末には、
おうちキャンプをして
夏を満喫してみませんか?

今回は、手軽にできる
おうちキャンプの楽しみ方をご紹介します。

おうちキャンプのテーブル

今は様々なキャンプ飯を楽しむ方が多いですが、
おうちキャンプなら小さい頃を思い出すような
あえて懐かしいスタイルも気分を盛り上げてくれるはず。

おにぎりを竹皮で包んでみる


いつもの白ごはんは
おにぎりにするだけでワクワク。
さらに、竹皮で包むとちょっと特別感が。

竹皮は、使う前に十分湿らせて柔らかくすることや、
しっかり乾燥させて保存することなどコツを押さえれば、
繰り返し使えてとっても便利な素材なんです♩

 

目の前で冷やす演出で涼し気に

視覚的にも涼しさを楽しみたい
おうちキャンプでは、
氷とざるを取り入れてみましょう。

氷を入れた大き目のお皿の上にざるを置いて、
夏野菜やスイカを並べれば、
常に冷たい状態でキープできます。

食器棚で眠っているざるも、
一気にテーブルの主役になりますね。

ワイルドに丸かじりするのも
キャンプ風の楽しみ方です♩

 

手作りティピーテントでさらに盛り上がる

素敵なキャンプよく登場する、ティピーテント。

実は装飾用や小さなサイズは、
簡単に手作りできるんです。

材料

・棒 3本
(今回は100円均一やホームセンターに売っている棒を使いましたが、つっぱり棒なら両側に滑り止めのゴムがついていて便利です。)
・布
(棒のサイズに合わせて、軽めで大きいタオルなどでも代用できます。)
・紐
・ヘアゴム

 

作り方

1. 3本の棒をまとめてテントの形にしたら、上部を紐で縛る。
横向きだけでなく上下ジグザグにも紐を通すのがポイント。

2.支柱ができたら入り口が開くように布をかぶせ、
ヘアゴムなどの強力なゴムで留める。

3.基本のティピーテントができたら、
ガーランドライトなどでデコレーションをして完成!

(フローリングだと下が滑って動いてしまうので、
ラグの上に置いたり
滑り止めを付けるのがオススメです。)

パーティのちょっとしたフォトスポットにしたり、
小さなサイズを作って料理と一緒に飾るのも可愛いですよ。

 

この夏キャンプの予定がない人も、
気軽なおうちキャンプなら、
次の週末に楽しむことができますよ。

ぜひ挑戦してみてくださいね。