NEXT WEEKEND DATE

旬の桃をデザート以外で楽しみたい!と思ったときにおすすめ。

今回は、ミキサーで混ぜるだけでできる桃の冷製スープのレシピをご紹介します。

爽やかな桃色のスープは、見ているだけでも涼しい気分に。

おもてなしの一品としても使えるので、夏の食卓で大活躍のレシピです。

 

桃の冷製スープ

材料(2人分)

・桃…1個
・レモン汁…5ml
A
・ヨーグルト…100g
・無調整豆乳…100ml
・メープルシロップ…5g
・塩…2.5g
仕上げ
・オリーブオイル…小さじ1
・水切りヨーグルト…20g
・ミント…少々
・ブラックペッパー…少々

作り方

1.桃は皮をむいて、大きめに切ってボウルでレモン汁と合わせる。
(桃の色が変わりやすいので必ず食べる直前に、作ってくださいね。)

2.ミキサーに【1】の桃と、Aを入れてよく混ぜ合わせる。
(塩は桃の甘さを引き立てる役割をしてくれます)

3.器に盛り付けて仕上げに水切りヨーグルトとオリーブオイルをかけて、ブラックペッパーを振り、ミントを添える。
(写真では、薄切りの桃も添えました)

 

切って混ぜるだけで、スープ皿に盛り付ければ、見た目もおしゃれな一品に変身します。

濃厚な味がお好きな方は、豆乳を全部ヨーグルトに変えてもおいしくいただけますよ。

また、ミントの代わりにバジルを添えるとオトナな香りが楽しめるスープになります。

ぜひカスタマイズして楽しんでくださいね♩

 

嬉しい栄養ポイント

夏の火照った体を冷やしてくれる豆乳と桃の組み合わせは、女性に嬉しい栄養がたくさんあります。

まず1つは、豆乳の植物性のタンパク質で、お肌を乾燥から守ってくれます。

2つ目は桃を生で食べることで得られるペクチンという酵素により、腸内環境を整え、摂取した栄養を無駄なく吸収することができます。

3つ目はオリーブオイルを仕上げに入れることで、オリーブオイルがもっている抗酸化力があるポリフェノールで、体の血中コレステロールから身を守ってくれます。

身体を錆びにくく、疲労回復してくれるスープとして取り入れてみてください。

まだまだ猛暑が続く今年の夏ですが、季節のレシピで夏を乗り切りましょう。

夏に嬉しい栄養素がいっぱいの桃。

前回ご紹介した、「桃とマスカルポーネのトースト」も作って、旬の桃をたくさん楽しんで下さいね。

何度でも食べたくなる!桃とマスカルポーネの簡単トースト

まだまだ猛暑が続く今年の夏ですが、季節の美味しいレシピで夏を乗り切りましょう。