NEXT WEEKEND DATE

爽やかな青空が嬉しい季節がやってきました。

涼しい部屋にこもるより
せっかくなら夏の太陽を存分に楽しみたい!

そんな週末には、
今しか味わうことのできない夏のフルーツを主役に
サマー・ピクニックを叶えてみるのはいかがでしょうか。

今回は、夏のピクニックを何倍も楽しくしてくれるアイテムをご紹介したいと思います。

 

手作りしてもっと楽しい!サマーピクニックアイテム5選

取り皿代わりに!アイスコーンをカスタマイズ


スイカやキウイ、マンゴーなど、夏こそ食べたいフルーツたち。
ピクニックでカットフルーツを楽しむのなら
入れ物代わりにアイスコーンを用意するのがオススメです。


夏らしいデザインペーパーを扇型にカットして
アイスコーンに巻きつけるだけで
とたんにピクニックを盛り上げてくれるアイテムに変身します。

 

プラスチックカップもとことん自分らしく

どこでも手に入れられて、片付けも簡単なプラスチックカップ。
そのまま使うのも良いけれど、
せっかくなら小さなこだわりを添えておきましょう。

水彩で描かれたイラストをシールにして貼るだけで
中のドリンクが惹き立つオリジナルカップが完成!
どのカップが自分のものか目印にもなりますよ。

ストローにアルファベットシールを貼って
ピクニックメンバーそれぞれのオリジナルストローを作るのもおすすめです♩

 

爽やかデザインのペーパーガーランド


飾るだけで印象を変えてくれるガーランドも
お気に入りのデザインでカスタマイズしてみましょう。

A4紙に印刷したデザインペーパーを三角に切り取って
麻紐を通すだけで完成。
今回は、夏の太陽とフルーツを引き立ててくれる
爽やかなブルーのデザインペーパーを選んでみました♩

ピクニックマットを広げた近くの木の枝や
持ってきた自転車に結びつければ
簡単に自分だけの空間が完成します。

 

持ち運びも簡単!即席テーブル

屋外でテーブルを用意するのは大変ですが、
すのこと木箱を組み合わせるだけで
即席テーブルが完成♩

100円ショップやホームセンターで販売されているすのこを
白いペンキで塗っておけば
サマーピクニックにぴったりなテーブルが完成しますよ。

移動時にはピクニックグッズを
木箱に収納もできて一石二鳥!

 

太陽の下で楽しむドリンクはいつもより豪快に♩

太陽の下でピクニックを楽しむのなら、
ドリンクはたっぷり用意しておきたいもの。

メイソンジャーを置いて、
その場でフレーバーウォーターを作れば
見た目も爽やかなドリンクが完成します♩

ボトルドリンクはバケツに入れて、豪快に冷やしても◎。
暑さに負けないよう、水分補給はしっかりと。

夏のフルーツが惹き立つブルーをテーマカラーに
手作りしたアイテムを加えてみると
いつものピクニックもぐっと雰囲気が変わります。

ぜひ晴れた日の芝生やビーチの上で
夏を満喫してみてくださいね♩

 

使用したプリンタブルはこちら

今回使用したペーパーアイテムは
雑誌NEXTWEEKEND別冊付録連動「ピクニックアイテムセット」をダウンロードしたもの。

15名の#今日の小仕事アンバサダーによる
こちらのプリンタブルを使ったDIYアイディアも
是非参考にしてみてくださいね♩

#今日の小仕事アンバサダーのアイディア満載!
「ピクニックが何倍も楽しくなる、手作り小物のアイディア集」はこちらから

 

暮らしを楽しむDIY動画配信中!

毎月2日と16日に配信するDIY動画
NEXTWEEKEND PRINTABLES」。

プリンタブルで作る、あると楽しいアイテムの
DIYアイディアをご紹介しています。

「NEXTWEEKEND PRINTABLES」 VOL.1~VOL.19はこちらから

PRINTABLEとは?

PRINTABLEとは直訳で”印刷可能”という意味。
NEXTWEEKENDではデータでダウンロードしていただける
様々なPRINTABLEコンテンツのデータ販売をしています。
ダウンロードしたデータはお好みの用紙やサイズに出力して、
それぞれの用途でお楽しみいただけます。

 

アンケート募集中!

プリントして楽しむDIY動画
「とっておきのサマーパーティの作り方」をご覧になった皆様の声をお聞かせください♩

たくさんのご意見をお待ちしております。

「Community Project」とは?

NEXTWEEKENDの「季節の楽しみと小さな工夫」というコンセプトのもと、他企業や他ブランドと共に、今より少し楽しい生活を考えていく記事広告コンテンツです。
プロジェクトごとにオリジナルの共通言語(ハッシュタグ)を設定し、企業/ブランドとNEXTWEEKEND、そして読者である女性たちで、理想の生活を叶える“コミュニティ”を一緒に作り上げていきたいという思いが込められています。