NEXT WEEKEND DATE

鮮やかな黄色、ほんのりとした甘さ、プチプチした食感…

とうもろこしが美味しい季節がやってきました!

今日はそんなとうもろこしの素材を存分に活かした、とうもろこしご飯の基本の作り方と、簡単アレンジレシピをご紹介します。

 

とうもろこしご飯(2人分)

材料

・とうもろこし…1本(350g)
・米…2合
・塩…2g
・昆布出汁(水…380ml、昆布…2g)

作り方

事前準備
水の中に昆布を入れて、一晩置いておきます。

1.米はよく洗い、ざるにあげて30分おいて給水させます。

2.とうもろこしは身を切り外してから、芯や、事前に作っておいた昆布出汁、塩を一緒に鍋の中に入れます。
(昆布出汁は昆布も一緒に入れます)

4.タイマーを15分に設定してから、蓋をして強火で火にかけます。

5.沸騰したら一番弱い火にしてタイマーが鳴るまで待ちます。
火を止めたら蓋をしたまま10分蒸らして完成です。

 

とうもろこしご飯の簡単アレンジレシピ3選

とうもろこしバター醤油ご飯(1人分)

とうもろこしご飯150g(お茶碗1杯分)に対して醤油を小さじ1、バターを10gいれて混ぜるだけ。

仕上げには青ネギをぱらぱらと散らします。

とうもろこしの甘みとバターの塩味と醤油の相性がぴったりです。

 

とうもろこしのスパイシーカレードリア(1人分)

とうもろこしご飯150gにカレー粉5gと粉末コリアンダー2gを加えます。

塩少々で味を調整し、その上にシュレッドチーズを15g程かけ、オーブントースターで10分焼いたら完成。

チーズがカリっとして、香りが食欲をそそる1品です。

 

グリーンピース入りとうもろこしご飯(1人分)

とうもろこしご飯を炊いた後に、ごはん200gに対してグリーンピースの缶詰30gを混ぜるだけ。

塩で味を調整し、小さめのおにぎりにするのもおすすめです。

彩りも良く、お弁当にもぴったりなので、ピククニックの1品としても活躍しそうですね。

とうもろこしご飯の秘密

芯も一緒に入れるのはなぜ?

ご飯を炊く際になぜ芯をいれるの?と思った方も多いかもしれません。

とうもろこしは芯も一緒に炊くことで、芯からうま味である出汁が出ます。

芯の他に、とうもろこしの皮やひげも一緒に入れて炊き上げても、うまみが増しておいしくなりますよ。

とうもろこしの嬉しい栄養素

とうもろこしは、セルロースという不溶性の食物繊維が粒の皮に含まれているので、便秘に悩む方にもおすすめです。

ひげにも栄養が詰まっているので、捨てずにだしを取ったり焼いて食べたりしてみてください。

とうもろこしは新鮮なものは生でも食べれますが、消化のことを考えると加熱がおすすめです。

まるまる一本、栄養と美味しさの詰まったとうもろこし。

特にとうもろこしご飯は、作り方も簡単で、素材を存分に楽しむことができるレシピなので、ぜひ作ってみてくださいね!