NEXT WEEKEND DATE

欧米で流行り始め、最近は日本のウエディングシーンなどでもよく目にする「ネイキッドケーキ」。

自分で作るのはハードルが高そうですが、実は簡単に作れちゃうのです。

ホームパーティーで出せば、ゲストの歓声を浴びること間違いなしのデザートですよ♩

そもそも「ネイキッド」とは英語で「裸の」という意味。

つまり、ケーキの断面のスポンジに生クリームをきれいに塗らないケーキのことです。

今回は、今が旬のさくらんぼとラズベリーを使いましたが、皆さんのお好きなフルーツでぜひ作ってみて下さいね。

 

さくらんぼのネイキッドケーキ

材料 (16cmケーキ型1台分)

【生地】
卵…3個
砂糖…60g
薄力粉…75g
バター…20g
牛乳…20g
はちみつ…10g
【シロップ】
水…50g
グラニュー糖…30g
キルシュ…15g
【仕上げ】
生クリーム…200ml
砂糖…15g
さくらんぼなどお好きなフルーツ…適量
粉糖(仕上げ用)…適量

下準備

・オーブンを180℃に予熱する。
・ケーキ型の底と側面にオーブンシートを敷く。
・水、グラニュー糖、キルシュを煮詰めてシロップを作る。
・さくらんぼの種を取る。


さくらんぼのお尻の部分から割り箸をぎゅっと押し込むと、反対側から種がぽこっと出てきます!

作り方

1.小鍋にバターと牛乳、はちみつを入れて、弱火にかけます。
バターが溶けたら、火からおろします。

2.ボウルに卵と砂糖を入れ、ハンドミキサーで4〜5分泡立てます。

もったりとして、ハンドミキサーで持ち上げてみて、生地がゆっくりリボン状に重なって落ちるくらいになればOK!

3.ふるった薄力粉をボウルに加えて、粉が見えなくなるまでホイッパーでさっくり混ぜます。

4.ゴムベラに持ち替えて、ボウルに【1】を少しづつ加え、生地がなめらかにツヤが出るまで、切るようにしてさっくり混ぜます。

5.型に生地を流し入れます。

6.180℃のオーブンで23〜26分焼きます。
オーブンによって癖があるので、様子を見て焼き足します。
しっかりめに焼いた方が、デコレーションしやすいです。
竹串をさして、何もついてこなければ、焼き上がりです!

7.焼きあがったケーキは、網などにひっくり返して取り出します。
冷めるまで、オーブンシートは付けたままにします。
20〜30分後、冷めたらひっくり返してオーブンシートを外し、さらに冷まします。

8.スポンジケーキが焼きあがったら、いよいよ組み立てていきます。
生クリームと砂糖を入れ、ハンドミキサーで泡立てます。
ハンドミキサーを持ち上げたとき、もったりと筋が描けるくらいになればOKです。


9.スポンジを半分に切り、下段のスポンジの切り口に、ハケでシロップを塗ります。

10.その上に、ホイップクリームをぬります。

11.さくらんぼとラズベリーを敷き詰めます。

外側ぎりぎりに置くと、仕上がりがきれいです。

12.上段のスポンジ生地を乗せ、ホイップクリームを上と側面にぬっていきます。

ネイキッドケーキのポイントは、ホイップクリームの側面のぬり方です。

少しスポンジ生地が透けて見えるくらいがベストです。
パレットナイフがあると、きれいに出来ます。

まんべんなくぬれたら、全体をきれいに整えていきます。

13.フルーツをたっぷり乗せます。

13.仕上げに粉糖をかけ、完成です。

ケーキスタンドに乗せてもいいですが、今回は、NEXTWEEKENDの丸太ボードを使用しました。

ぜひお気に入りのフルーツで、ネイキッドケーキ作りを楽しんでみてください♩