NEXT WEEKEND DATE

ゆっくり長い休みは取れないけど、海外旅行に行きたい!
そんなときは、週末だけでも十分に楽しめる「台湾」に出かけてみませんか?

コラム「週末台湾のススメ」では、台湾のコーディネーターとしても活躍するフリーアナウンサーの平澤志帆さんに、週末に楽しめる台湾情報を教えていただきます。

#ピクニック図鑑 がテーマの今月は、台北のピクニックスポットをご紹介します。

 

 華山大草原

日本統治時代に作られた国営のお酒工場の跡地をリノベーションし、映画館やライブハウス、カフェやレストラン、話題のショップなどが集まる人気の観光スポット「華山1914文化創意産業園區」。

その後方にあるのが、今回ご紹介する「華山大草原」です。

「大草原」という名前の通り、台北の都会の真ん中であるとは思えない、開放感のある大きな原っぱが広がっています。

イベントが開催されることも多く、週末のお天気がいい日にはカップルや家族連れなど多く人で賑わう人気のピクニックスポットです。

5月の台北は、初夏の気候。気温が30℃を超える日も多く、正直ピクニックをするには少し暑い。

オススメなすごし方は、「華山1914文化創意産業園區」で展覧会やショッピングなどを楽しんだ後、陽がかたむき少し涼しくなった15時すぎぐらいからピクニック。

MRTの駅からも近くアクセス便利、しかも人気の観光スポットの近くなので「海外でピクニック」という夢を叶えやすい場所です。

華山大草原
【住所】台北市中山區林森北路27號

擎天崗大草原

台北市郊外にある「陽明山国家公園」は、豊かな自然の中でハイキングやサイクリング、そして温泉などが楽しめる地元の人にも人気のレジャースポット。

その中で、ピクニックができる場所として有名なのが「擎天崗大草原」です。

擎天崗大草原は、近くの竹篙山のマグマが流出して形成された平坦な地形。

その地形を活かし日本統治時代には牧草を植え、牛の放牧が行われていました。

見渡す限り広がる緑の草原は圧巻!

現在も牛が放牧されていて、どこまでも広がる緑の大地でゆったりすごす牛たちの姿は安らぎのひとときを与えてくれます。


Photo by Chih-Wen Su

広々とした原っぱにレジャーシートを敷いて、のんびりすごすのもいいですが、近くの竹篙山頂上までハイキングもオススメ。

頂上からはお天気がいいと台北市内まで眺めることができます。

また陽明山は温泉が有名なので、ピクニックの後は温泉にはいってから市内に戻ってもいいかも。

擎天崗大草原
【住所】台北市士林區菁山路101巷246號陽明山國家公園内

花博公園

2010年に開かれた台北国際花博覧会の跡地が、今回ご紹介する「花博公園」です。

園内は圓山公園エリア、美術公園エリア、新生公園エリアと大きく3つのエリアに分かれていて、今回オススメしたいのが「圓山公園エリア」です。

広い芝生があるのはもちろん!なんですが、園内にショップやレストラン、フードコートにスーパーなどが軒を連ねる複合施設「MAJI MAJI集食行楽」があるので、手ぶらで行って現地で好きな食べ物や飲み物を購入することができます。

天気のいい日の朝、急にピクニックをしたい!と思い立っても大丈夫。

事前に準備をしなくても気軽にピクニックが楽しめる場所です。

松山空港が近いので、芝生でゴロゴロ空を見上げていると近い距離で飛行機を眺めることもできます。

とても大きな公園なので、レンタサイクル「YouBike」を借りて周辺を散策するのもオススメ。

美術公園エリアには、台湾を代表する美術館台北市立美術館もあるので、ピクニック以外に、買い物をしたり、アートに触れたり、1日楽しむことができる場所です。

 

花博公園
【住所】台北市中山區新生北路三段105號
マンゴーの旬が到来!

 

1年を通して温暖な気候の台湾はフルーツの宝庫。
中でも人気のフルーツといえば「マンゴー」です。

マンゴーがたくさんのったかき氷は、台湾に行ったら食べたい!と思っている人も多いはず。

年中食べることができますが、マンゴーの収穫のない冬の時期は冷凍のマンゴーを使っているお店もあります。
たくさんあるお店の中でも台北には、マンゴーにこだわり毎年4月中旬から10月の終わりの約半年間、マンゴーの収穫時期だけ営業しているかき氷のお店があります。
今年は4月20日から営業がスタートしています。

これから旬のマンゴー。
10月までに台湾に行く予定のある人は訪れてみては。

冰讚
【住所】台北市雙連街2號
【電話】+886-2- 2550-6769
【営業時間】11:00-22:30