NEXT WEEKEND DATE

無地のハンカチや布製の小物に
ワンポイントでも刺繍が施されているだけで、
愛着がぐっと増しますよね。

でも刺繍に挑戦するのに
何から準備すればいいのか、
そしてどんな色合わせなら素敵にできるのか、
悩んでしまったことはありませんか?

NEXTWEEKEND編集部は
そんな方におすすめしたい、
Giitonのハンカチ刺繍キットを見つけました。

セットの内容は、
刺しゅう糸7色、ハンカチ1枚、
そして全9種類の図案入り。

それぞれのハンカチに合わせた、
7色の刺繍糸がセレクトされているので
初心者にも嬉しいセットです。

今回は、NEXTWEEKENDで開催した
刺繍のワークショップの講師を
務めていただいたこともある本田奈美さんに、
このハンカチ刺繍キットを使って
ポイントを伺いながら刺繍を実践していただきました。

 

ハンカチ刺繍の材料

Giitonハンカチ刺繍キット
・刺しゅう針
・刺しゅう枠
・チャコペーパー
・トレーサー
・ハサミ

 

 

ハンカチ刺繍のコツ

 

下準備:図案写し

まずはチャコペーパーとトレーサーで図案を写します。

※今回は雑誌NEXTWEEKENDの2017秋冬号
「自分のイニシャルくらいは刺繍できる腕を磨こう」
特集ページ内の刺繍図案を使用しています。

途中で図案がずれないように、
チャコペーパーと布をまち針などで
しっかりとめるのがポイント。

トレーサーでなぞる際には、
力強くなぞることが綺麗に図案を写すコツです。

 

基本のステッチ

ハンカチ刺繍キットには、
刺繍の基本や7つのステッチが書かれた
説明書がついています。

刺繍の本などを買わなくても
気軽に挑戦できるのが嬉しいですね。

今回はその中から、
ふたつのステッチを選びました。

サテンステッチは、隙間を開けすぎず
且つ窮屈になりすぎないように
 1本1本の糸をきれいに寝かせるイメージで。


実際にGiitonハンカチ刺繍キットで作ったのはこちら。

ブルーとオレンジのビビットカラーの合わせも、
淡いベージュを少し入れることで
ポップだけどちょっと大人な印象に変わります。



フレンチノットステッチは、
針が完全に下に抜けるまで糸が緩まないようにすると
大きさが揃ってきれいに仕上がります。

サテンステッチのワンポイント刺繍の上から
フレンチノットステッチを施せば、
遊び心のあるデザインに♩

実際にGiitonハンカチ刺繍キットで作ったのはこちら。

ハンカチの地の色が濃いので、
パステルピンクとパステルグリーンの
優しい組み合わせがよく映えます。

 

いかがでしたか。

ほんのワンポイントの刺繍でも、
色の合わせ方次第で
オリジナリティは出せるもの。

なんでもなかった布小物が
ずっと大切にしたいものに
変わるはずです。

 

みなさまにも
ぜひ試していただきたいという思いから、
毎月月間テーマに合わせたアイテムを
詰め合わせてお届けしている
WISHLISTBOXの中身のひとつにも、
セレクトさせていただきました。

さやかさん(@sayaka3706)がシェアした投稿

mairi0512さん(@mairi0512)がシェアした投稿

「WISHLIST BOXー週末野心の詰め合わせー」

NEXTWEEKENDが提案する一ヶ月を楽しく過ごすためのマンスリーテーマを、みなさんと一緒に叶えていくためのアイテムを毎月販売しています。​
NEXTWEEKENDのオリジナルグッズを中心に、季節に合わせた楽しいアイテムを詰め込んだセットです。