NEXT WEEKEND DATE

金曜日の夜。
たまにはひとり映画という予定を入れてみませんか。

今月は、新しい生活のはじまりに観たい映画を3つご紹介します。

 

『ブルックリン』

自分を少しだけリニューアルしてみたい夜に

1952年、南東アイルランドの小さな街に住む主人公のエイリッシュ。
意地悪な女主人のグロサリーストアで働く彼女に、姉のローズはもっと楽しい将来を送ってもらいたいと思い、故郷を出てニューヨークのブルックリンで働くことを提案し、彼女はアメリカへ旅立つことを決意。
無事アメリカに入国したエイリッシュはデパートで販売員として仕事を始め、ホームシックになりながらも恋に落ちたり同じ寮の仲間に助けられながら、次第にアメリカでの生活に馴染んでいって……というストーリーです。

アメリカに渡り、少しずつファッションやメイクが変わって、顔つきにも意思の強さが現れ、洗練されていくエイリッシュの様子が、まるで大学の新入生が、夏休みが終わる頃にはすっかりあか抜けた女子大生になっていくようで、そのフレッシュさが新年度の気分にぴったりくる感じがして、今回のテーマを考えたとき、真っ先に頭に浮かびました。

きれいなグリーンやイエロー、ピンクなど、パステルカラーで品のあるファッションと映像の美しさも、この作品の見所のひとつ。
五感を刺激してくれる、素敵な作品です。

『ブルックリン』
監督:ジョン・クローリー
出演:シアーシャ・ローナン、ジュリー・ウォルターズ
ブルーレイ発売中
¥1,905+税
20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
※©2017 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 

『四月物語』


あの頃の初々しさを思い出したい夜に

4月、大学進学のため、生まれ故郷の北海道を離れて東京でひとり暮らしを始めた主人公の卯月。
彼女が東京の大学を選んだのには理由があって……。

桜の花びらが舞い散る中の引っ越しシーン、大学のクラスで緊張しながらする自己紹介、夢の中なのか現実なのか分からなくなるような自然光たっぷりの映像、そして主人公卯月を演じる松たか子さんのみずみずしさ。

大人になって同じ会社に何年も勤めていたり、環境が変わらなかったりすると、日常に慣れきってしまって、新年度もいつもの毎日の続きのように感じてしまいますが、この作品を観ると新しい環境にドキドキしながら足を踏み入れて行く気持ちを忘れたくないな、といつも思います。

私も久しぶりにこの作品を観直して刺激を受けて、家から駅まで、いつもと違う道を通ってみたら、見事なモクレンの木を見つけてなんだか嬉しくなりました。

『四月物語』
監督:岩井俊二
出演:松たか子、田辺誠一
※DVDは編集部私物

 

『スラムドッグ$ミリオネア』

 

テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演して賞金を獲得した主人公の青年、ジャマール。
インドのスラム街で育った彼が正解を知るはずがないと、不正を疑われ逮捕されてしまいます。
ジャマールはなぜこれほどの知識があり、どうしてこの番組に出演することになったのか。
警察の尋問によって、徐々にジャマールの過去が明らかになっていくことに……。

大人のエゴや欲望に振り回されながらもたくましく生きる主人公のジャマールと、彼がずっと再会を望み続けていた幼なじみの少女ラティカの、どんなことがあっても汚れることのない純粋さが、新学期の真新しさにぴったりな気がして、3本目の作品として選んでみました。

ジャマールのこれまでの壮絶な人生が、スピード感のある映像とともにどんどん展開していっていて、ハラハラドキドキしながら最後まで目が離せないはず。
やるせない気持ちになるシーンや不条理さに胸が痛くなるシーンなど、全体的にシリアスな作品なのですが、エンディングはあえてザ・インド映画という感じの歌って踊る終わり方で、そのギャップもこの作品の好きなところです。

『スラムドッグ$ミリオネア』
監督:ダニー・ボイル
出演:デヴ・パテル、マドゥル・ミッタル
DVD&Blu-ray発売中
発売・販売:株式会社KADOKAWA
(C)2008 Celador Films and Channel 4 Television Corporation

 

おまけ

雑誌『NEXTWEEKEND 2018 Spring &Summer』 が本日発売になりました!

ピクニックが心地よいこれからの季節、皆さんの「今日は天気がいいから外でごはんでも食べてみようかな」という何気ない瞬間に、この雑誌が寄り添うことができたら、編集担当として本望です。

ちなみに私のお気に入りは「NEXTWEEKEND版バッグの中身見せて!」というページです。ぜひ読んでいただけたら嬉しいです。


(編集長をこっそり隠し撮り……!)