NEXT WEEKEND DATE

シンプルな暮らしブームが続く中、できるだけ物を増やさないように気を付けている方も多いのではないでしょうか?

でも、壁くらいは自分らしくDIYして、おうちのいろいろな場所をお気に入りの空間にカスタマイズしてみませんか?

今回ご紹介するのは、賃貸でもOKな、貼って剥がせる壁紙。

いつでもやり直せると思うと、ちょっと冒険した柄にも挑戦できるかもしれません。

 

 マスキングテープで壁をボーダー柄にしてみる

いきなり壁紙を貼るのはちょっと…という方におすすめしたのが、mt CASAという、あのマスキングテープのmtの暮らしのシリーズのマスキングテープ。

インテリア向けにワイドの和紙のマスキングテープで、壁に、窓に、家具に、気軽に貼ったり剥がしたりできます。

なんといってもマスキングテープなので、ちぎったり、重ねたり…と様々な貼り方で楽しめます。

ボーダ柄の壁も、なんでもない白い壁に、等間隔で貼るだけ完成!

まずはリビングにシルバーでボーダー柄にしてみました。

子ども部屋などは、水色や黄色でもアイスクリームパーラーように可愛く仕上がりそうです。

 お気にりのカフェと同じ柄の壁にしてみる

ダイニングテーブルに食事を置いて、ちょうどInstagramで正面から写真を撮るときに写りこむ窓下の部分の壁。

元々はごく普通の白い壁でした。

大好きなカフェLONG WALK COFFEEの美しい壁紙にずっと憧れていて、それと同じウィリアムモリスの柄のマスキングテープを、mt CASAで発見!

3枚入り1パックです。

本当は写真に写る部分だけで満足してしまい、実は1年以上この上の部分しか貼っていなかったのですが、これを機にもう1列貼ることに…!

貼る時のポイント
壁に避けて貼りたい部分や切り取るべき部分などがある場合、壁を計ってからマスキングテープを切って貼るのではなく、いきなり貼りながら避ける部分にぶつかったらカッターの裏で筋を入れて貼り、余分な部分をカッターで切る方法が隙間なく貼るコツです。
(建物などの立体物はごくわずかでもゆがみなどがあるため、きっちりのサイズを計ってマスキングテープを切ってもうまく合わないことがあるため)

ほんのちょっとした部分ですが、毎日見るたびに嬉しくなります。

勇気がいりそうな花柄なんかは、小さい場所から貼ってみるのがおすすめです。

 寝室はシールでランダムな水玉を

mt CASAのCASA seal は、和紙特有の透け感、繊細な色合いが美しい円形型抜きシール。

ガラスや小物のアクセントに最適なシリーズです。

規則的に貼って水玉にするのもよし、こんなふうにふわっとランダムに貼るだけでも、楽しい空間に!

窓には光が美しく透ける半透明タイプを

mt CASAのCASA Shadeは、窓紫外線を99%カットしてくれる遮光用テープ。

部屋のアクセントにもなり、ちょっとした目隠しなど実用的な使い方もできます。

 

キッチンには思いっきり個性的なタイル柄を

リビングからは見えない側のキッチンの壁。

ここは、料理をする間しか目に入らないので、派手にしたいなと思っていました。

貼り間違えても、貼りなおせるので安心。

角はカッターの刃の裏側でまっすぐ筋をつけてから、切り落とします。

mtのマスキングテープなら、油がはねたり汚れても、剥がすだけ。 柄に飽きても張り替えるのも簡単なので心置きなく冒険できますね。

今回は、上記の窓で使用したCASA Sadeの余りを貼りました。

BEFORE
(貼る前です。準備するために壁をふいたりして綺麗になりました。)

AFTER
(貼ってみるとパッと明るくなりました。上まで貼ろうか悩み中です。)
※ちなみに右側に写っているスパイスラックはクギなしの木工ボンドだけで手作りしたものです。

▶︎スパイスラックの作り方はこちら

クギなしで理想のスパイスラックをD.I.Y!する方法

 

 色のある壁紙に変えてみる

街でおしゃれな柄の壁紙を見かけると、「いいなぁ」と思いながらも、なかなか今住んでいる部屋の壁紙にするには勇気がいるもの。

まずは、一面だけメインの壁を決めて、そこの色を変えてみるのはどうでしょう。

私が使用した壁紙屋本舗のフリース素材の壁紙は、水で溶いて作る専用の糊で貼るので、剥がす時も端からぺりぺりめくって水拭きすればもとに戻るように作られています。

壁をシックな青にしただけで、引っ越したかのような気分転換になり、事務作業も、写真を撮るのも、100倍くらい楽しくなりました。
(10畳の壁一面で、大人二人で半日かかるくらいの作業量でした。)

※壁紙を使用する際は、壁紙屋本舗公式サイトをよくご確認の上、行って下さい。

貼り方の詳細が分からない時は、お店の方に尋ねるのもおすすめです。

いかがでしたか?

今回ご紹介した貼ってはがせる壁カスタマイズは、次の週末にでも気軽に挑戦できるはず♩

後編では、ウォールデコレーションについてご紹介します。

▼後編「ウォールデコレーション編」はこちらから

壁面DIYで理想の部屋作り!ウォールデコレーション編