NEXT WEEKEND DATE

暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続きますね。

今回お届けするのは、そんな寒い中でちょっとほっこりした気持ちになれる「桜のスノーボール」。

Onakaの焼き菓子の中でも特に人気が高いスノーボール。
真っ白な粉砂糖に包まれた姿は、冬にぴったりな佇まいです。

そんな冬の定番人気であるスノーボールを桜の色でおめかしし、口に含むと桜の味がふわりと広がる、春うららな焼き菓子に仕上げました。

ホワイトデーのお返しや、お世話になった方への送別品など、贈り物が多いこの時期に、ぜひ作ってみてくださいね。

 

桜のスノーボール

材料(25個分)

バター:90g
薄力粉:130g
アーモンドプードル:15g
砂糖:30g
塩:ひとつまみ
aなかない粉糖:適宜
aフリーズドライ桜パウダー:適宜
☆なかない粉糖やフリーズドライ桜パウダーは、製菓材料店で手に入ります。
今回使用したものは、富澤商店で購入。
種類が豊富で、オンラインも充実しているのでオススメです。

下準備

  • バターを室温に戻す
  • オーブンを160℃に温める
  • aを合わせておく。

作り方

1. ボウルにバター、砂糖、塩を入れ、ふわりと白っぽくなるまで、泡立て器でよく混ぜます。

2.アーモンドプードルを加えて、さらに混ぜます。

3. 薄力粉をふるい入れます。

4. ゴムベラに持ち替えて、さっくりと混ぜます。

5. ポリ袋に入れ、ひとまとまりにする。
(生地を10~15分ほど寝かせると、扱いやすくなります。)

6. 1個10gに計量し、一つ一つ丸め、間隔をあけて天板に並べます。

7. 160℃のオーブンで、20分ほど焼きます。

8. 粗熱が取れたら、aをたっぷりふるいます。

ポリ袋にaを入れ、その中でまぶすやり方でも大丈夫です。

ほろほろとした食感がたまらない、桜のスノーボールのできあがり♩

一つ食べると止まらない美味しさなので、味見のしすぎに注意です。

 

 

ラッピングについて

スノーボールは湿気に弱いので、シリカゲル(乾燥剤)と一緒にOPP袋に入れ、シーラーで封をするのがオススメです。

全部揃えるのは中々大変ですが、ベストな美味しさでプレゼントできるので、ぜひ試してみてくださいね。

シリカゲルやOPP袋、シーラーなどの包装用品も富澤商店で手に入ります。

ほろほろした食感が魅力のスノーボールですが、その分崩れやすいので注意したいところ。

家に帰ったらボロボロだった…なんていうことがないように、厚手の紙袋やBOXに入れてプレゼントすると安心です。

今回は、doinelの紙袋に入れ、ラフィアでくるっと巻きました。
doinelの袋はしっかりした作りなので、スノーボールなどの、崩れやすい焼き菓子をを入れるのにぴったり。
可愛い柄も沢山あります。

美味しいと言ってもらえること間違いなしの、桜のスノーボール。
春を待ちわびる大切な方へ、ぜひ作ってみてくださいね。