NEXT WEEKEND DATE

身近すぎて案外おざなりになってしまいがちな和の食卓のキホン。

家庭料理であれば肩の力は抜いていたいけど、大人だからこそ基本のルールはしっかり知っておきたいものですね。

今回は、和食の献立の基本と、和食器の揃え方をご紹介します。

 

和食の基本は一汁三菜(イチジュウサンサイ)

一汁三菜とは、ごはんと汁物、主菜、副菜2品を用意する昔ながらの和食の献立のことを言います。
数種類のおかずを用意することで、栄養バランスを整えやすいのが良いところ。

おいしい献立にするコツは、おかずに使う素材や調理方法が重ならないようにメニューを決めていくこと。
和食は地味な見た目になりがちなので、華やかな色合いのメニューを取り入れると、彩りも感じる食卓になります。

並べ方は左手前にご飯を、右手前に汁物を並べ、奥には主菜や副菜を色合いや器のバランスをとりながらおきます。
お箸は箸置きを添え、持ち手を右にしておきます。

普段の食事では箸置きを置かないことも多いですが、食事中に使った箸を器の縁と縁を渡すように置くのは、ごちそうさまでしたのサインになるため、実はマナー違反。
きちんと料理をした日には、箸置きもそっと添えてみてはいかがでしょうか。

 

日々のご飯に取り入れたい一汁一菜(イチジュウイッサイ)

最近はごはんと汁物におかず一品のみを用意する「一汁一菜」というシンプルな献立が話題になっています。
料理研究家 土井善晴さんの著書「一汁一菜でよいという提案」から、この考え方が広がってきたのだそう。

おかずが一品だとちょっとさみしいような気もしますが、おかずや味噌汁を食べ応えのあるメニューにすることで、しっかり満足感がある食事にすることができます。
今回は具沢山の豚汁と混ぜご飯を組み合わせてみました。

配膳は一汁三菜と同じく、左手前にごはん、右手前に汁物、奥におかずを並べます。
器や素材でさし色を入れてあげると、シンプルながらもきちんとした印象になりますよ。

 

揃えておきたい和食器たち

茶碗:三浦ナオコ
汁椀:我戸幹男商店
オーバル皿:田中直純
八角小皿:寺村光輔
花形小皿:石田裕哉
円形小皿:岡崎慧佑
箸置き:田村窯
箸:+MOKU

今回の盛り付けに使った器はこちらです。
ちょっと品数の多い一汁三菜も、茶碗、汁椀、平皿、小皿が2枚あれば、基本のメニューは盛り付けられます。

メインのおかずを盛り付ける平皿には、径が20cm程度のものを。
茶碗と汁椀の奥に並べるので、大きすぎない楕円形のものが使いやすいです。

小皿の一枚は縁に少し高さがあるものを選んでおくと、煮物など汁気のある料理も盛り付けられるので、万能に使えます。
もう一枚の小皿は、大きさや形を少し変えたものにするとテーブルにリズムが出ますよ。

手持ちの小皿が幾つかある方は、さし色の器を取り入れてみては。
いろんなメニューに合わせやすい青色がオススメです。

今回ご紹介した器の合わせ方はあくまで基本形です。
数人で食べるときは大皿と取り皿が使いたいし、一人で食べるならワンプレートにしたい日もありますよね。
そんな時も、基本ルールさえおさえておけば、応用のコーディネートも簡単です。

ちょっとおざなりになりがちな和食のキホン、少しずつ取り入れてみませんか。

 


MYTABLE
不定期に店主が店番をする熱海のうつわ屋。
店主の店番がない日は、奥のカフェで器が購入できます。
2月の店番日:10日(土)、24日(土)、25日(日)