NEXT WEEKEND DATE

北海道に旅へ出かけたときには、お土産選びも楽しみのひとつ。

美味しい名物や定番のお土産がたくさんある北海道ですが、今日は北海道に暮らすWeekender編集部の女性たちで構成された#discoverhokkaido編集部のメンバーに聞いた「本当は秘密にしておきたい、北海道の美味しい手土産8選」をお届けします。

北海道の新しい定番土産に出会えるかもしれません。

 

ごはんのお供にしたい、鮭の親子漬け

 

Sayokoさん(@sayoko_betsey)がシェアした投稿

北海道産の天然鮭を取り扱っている専門店。
特に鮭の円舞曲(ワルツ)というイクラと鮭の漬けがおすすめで、今回は華やかな手毬寿司に。
ごはんのお供にしても最高で、手土産にすると喜ばれます。

 

十勝の豆ジャムと豆ドレッシング

 

noriko_owadaさん(@8norikooo6)がシェアした投稿

農と食のテーマパークである十勝ヒルズ
こちらの手土産でおすすめしたいのが珍しい豆ジャムと豆ジュレドレ。
甘さが控えめで少し大人な味わいの豆ジャムは、朝食のトーストやフルーツに塗っても美味しいです。
豆ジュレドレは、そのままおつまみとして食べてもいいですし、オリーブオイルを加えてドレッシングとしても楽しめます。

 

北海道素材を使った、もちもち餃子

 

noriko_owadaさん(@8norikooo6)がシェアした投稿

北海道産の素材を中心に国産素材を使用して作られている宝永の餃子。
創業以来、変わる事のない餡の味付けや、宝永の餃子を「もちもち餃子」と呼ぶ人もいるくらいのもちもちとした皮の食感が美味しさの秘密。

 

ヨーグルトのような、爽やかなフレッシュチーズ

 

@risa0119_がシェアした投稿

オホーツク、滝上町にある「月のチーズ」というチーズ工房。
ここの手土産でおすすめしたいのが、フレッシュフロマージュブラン。
ヨーグルトのように爽やかな酸味をもったフレッシュチーズは、ヨーグルトと比較すると脂肪分はゼロ、それ以外の栄養価はなんと約2倍もあります。
北海道らしいナチュラルな可愛いパッケージも喜ばれますよ。

 

サクサク、とろとろの焼きたてチーズタルト

 

mami🙋🏻さん(@mamtrip)がシェアした投稿

札幌にある洋菓子店のきのとや
ここの手土産でおすすめしたいのが、焼きたてチーズタルト。
あえて手間をかけて2度焼きをすることで生まれるタルトのサクサク食感と、3種のチーズがブレンドされている濃厚なチーズムースが美味しさの秘密です。

 

選ぶのが楽しい、北海道素材の手作りクッキー

 

Arisa Hamanaさん(@arisahamana)がシェアした投稿

北海道素材で手作りされた、日曜日のクッキー。のソフトックキー。
「さみしがり屋のストロベリー」や「ごめんねティラミス」、「そよ風ホワイト」などそれぞれのクッキーに付けられている名前が愛おしくて、選ぶのも楽しいんです。

 

マルセイバターサンドに使われている濃厚バター

 

北海道の定番土産としてたくさんの人に親しまれている、六花亭のマルセイバターサンド。
こちらはマルセイバターサンドにも使われている、有塩バターの「マルセイバタ」。
コクのある濃厚な味わいは、トーストにそのままのせたり、お料理に使っても美味しいです。

六花亭 神宮茶屋店限定の判官さま

 

Moe Murakamiさん(@moemurakami_)がシェアした投稿

北海道在住のNEXTWEEKEND編集長、村上 萌がおすすめする手土産は六花亭 神宮茶屋店限定のお餅「判官さま」。
「判官さま」はそば粉入りのやわらかい焼き餅で、中には粒あんがたっぷり入っています。
そば粉の香ばしさや風味が美味しいです。

六花亭には実は、バターサンド以外にもたくさんのおすすめの手土産があるんだとか。
店舗限定のものや六花亭オリジナルのマスキングテープやボールペン、クリアファイルなどステショナリーグッズも珍しくて喜ばれるそうですよ。

北海道に暮らす#discoverhokkaido編集部のメンバーがおすすめする、北海道の美味しい手土産はいかがでしたか?

ほとんどがお取り寄せもできるものなので、気になったものは早速試してみてくださいね♩


北海道に住むWeekender編集部の女性たちで構成され、北海道の良いところを切り取り、その魅力を全国に伝えていくチームのこと。
#discoverhokkaidoのハッシュタグの投稿はInstagramですでに3000件を超え、北海道の魅力が詰まったたくさんの投稿が集まっています。

Members: Yuri Horita, Sayoko Kuno, Mami Araya, Noriko Owada, Arisa Hamana, Narumi Kikuchi, Risa Miyata, Nozomi Kosugita