NEXT WEEKEND DATE

もうすぐバレンタイン。
何を作ろうか頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか?

大切な人に贈るバレンタインチョコは、とびきり美味しくて、特別感のあるものを作りたいですよね。

今回おやつユニットonakaが提案するバレンタインレシピは「チョコテリーヌ」。

ガトーショコラよりも濃厚で、ちょっぴり大人な雰囲気が漂います。
赤ワインを入れることでさらに味の深みを出し、ドライいちじくのプチプチした食感も最高に美味しい一品です。

ちょっと難しそうな印象とは裏腹に、レシピはとってもシンプルで親しみやすい!
失敗なしのレシピなので、バレンタイン前の週末にぜひチャレンジしてみてくださいね。

オススメのラッピングも合わせてご紹介します。

 

チョコテリーヌ

材料(10×5×5cmの型2台分)

チョコレート 120g ※クーベルチュールチョコレートがおすすめ
無塩バター  120g
たまご    2個
砂糖     90g
赤ワイン   50ml
薄力粉    40g
ドライいちじく90g~100g ※トルコ産ドライいちじくがおすすめ

下準備

・オーブンを190℃に予熱します。
・型にバター(分量外)を塗ります。
・ドライいちじくを8等分に切ります。

作り方

1.チョコレートとバターをボウルに入れ、湯せんにかけ溶かします。
(ここでボウルに水滴がついていないか、しっかりチェック!水分が入ると、チョコレートが綺麗に溶けません)

2.湯せんからおろし、赤ワインを加えて混ぜます。

3.別のボウルに、たまごと砂糖を入れよく混ぜます。

4.【2】のチョコレート液を、3回に分けて加え、よく混ぜます。

5.薄力粉をふるい入れ、さっくりと混ぜます。

6.ドライいちじくを加え、さらに混ぜます。

7.型に流し入れ、底を2回ほどうちつけて空気を抜きます。
(ここでしっかり空気を抜かないと、表面がボコボコしてしまいます。)
190℃のオーブンで22分焼きます。

8.オーブンから取り出し、型の底を2回ほどうちつけます。
粗熱が取れたら、型のまま冷蔵庫で3時間以上冷やして出来上がり。

お好きな厚さに切りわけて、召し上がれ♩
ホイップやジャムをつけると、より美味しくなります。

 

ラッピングについて

無事完成したら、お次はラッピングです。

せっかくのバレンタインなので、特別感のある箱詰めのラッピングをおすすめします。

今回ラッピングに使用するものは、クラフト素材のボックス、オリーブ色のワックスペーパー、麻ひも、ドライフラワー。

ボックスとワックスペーパーは、包装材料専門店のシモジマさんで購入しました。

ギフトボックスやラッピングペーパーは雑貨屋さんにたくさん置いてあるので、ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

1. チョコテリーヌをOPP袋に入れ、ボックスに詰めます。
2. 箱に隙間があるようなら、ワックスペーパーなどを入れて調整します。
3.ボックスをワックスペーパーでキャラメル包みにし、麻ひもで十字に縛り、ドライフラワーを添えます。
ドライフラワーは、ラベンダーやユーカリなど、ほんのり香りのあるものを添えると、プレゼントを渡す時にふわっと香って素敵です。

また、今回はワックスペーパーで包みましたが、ボックスにそのまま麻ひもで縛り、ドライフラワーを添えても、ラフで可愛くできます。

贈る相手の反応を想像しながら、アレンジしてみてくださいね。