NEXT WEEKEND DATE

寒い夜は外食もいいけれど、おうちであったかい料理を誰かと楽しむのも幸せな時間。

今日は寒い冬にぴったりなビーフシチューをご紹介します。
いつもよりちょっとだけ時間をかけて作る、誰かに作ってあげたいスペシャルな料理です。
クリスマスのテーブルにもおすすめですよ。

 

じっくり煮込んだ牛スネ肉のビーフシチュー

材料(4人分)

牛スネ肉…500g
玉ねぎ…1個
じゃがいも…2個
人参…1本
マッシュルーム…8個
クレソン…適量
ローリエ…1枚
赤ワイン…350ml
デミグラスソース…1缶(290g)
バター…10g
塩こしょう…少々

 

作り方

1. 玉ねぎは薄切り、じゃがいも、人参はひとくち大に切る。
小鍋でじゃがいも、人参を塩茹でし、茹で汁を取っておく。

2. 鍋にバターを入れ熱し、塩こしょうをした牛スネ肉を焼き色がつくまで焼く。
玉ねぎを加えてしんなりするまで炒める。

3. 赤ワイン、茹で汁100ml、ローリエを加え、沸騰したら蓋をし弱火で1時間半ほど煮込む。
途中アクを取り、水分が減ったら茹で汁を足す。

4.デミグラスソース、マッシュルームを加え、さらに30分ほど混ぜながら煮込む。

5.皿に盛り、じゃがいも、人参、クレソンを添える。

じっくり煮込んだ牛スネ肉はホロっと繊維がほどけて柔らかく、玉ねぎはとろけて甘みに変わります。
時間をかけて煮込んだだけ美味しくなりますよ。

いつもは一緒に煮込んでしまう野菜も、別茹でにすることで色もきれいにお店のような仕上がりになります。

お肉やパンもいつもよりこだわってみると気分があがりますね。

スタイリングは、森の山小屋のクリスマスをイメージ

今回は「森の山小屋のクリスマス」をイメージし、
テーブルはとことんナチュラルにグリーンでまとめました。

グリーンやまつぼっくりをテーブルランナーにして、食器の下にはウッドプレートを。

ディナーの時はキャンドルを、もっと華やかにしたいならキラキラのオーナメントをグリーンに散らすといいですよ。

クリスマスも近いので、可愛いクリスマスカードやメッセージを添えるのもいいですね。

ハーブやグリーンを差し込んだり、ナフキンとカトラリーをひもでまとめてお皿の上に乗せるとおもてなし感がでます。

ふだんよりちょっと特別なビーフシチュー、ぜひ参考にしてみてくださいね。