NEXT WEEKEND DATE

今月のテーマは「夜の楽しみかた #大人のよふかし」 ですが、今月のはじめはそんな夜に取り入れたいワインの楽しみかたじっくり学ぶワークショップを開催しました。

▼ワークショップ詳細
「これからのワインがもっと美味しくなる、秋のワイン会ワークショップ」

お肉なら赤、魚なら白…くらいなら分かるけど、いざお店でワインを選ぶときにどんなものを買ったらいいか迷ったことはありませんか?

この記事では当日のレポートとともに、シーンに合わせて選べるワインのリストと、合わせて食べたいチーズの組み合わせをご紹介します。

 

ワインペアリングの楽しみ方

イベントでは、各種ワインと合わせてチーズの食べ合わせを学びました。

ワインペアリングを上手に楽しむ方法は、チーズを全て飲み込んでしまう前に、ワインも一緒に口に含ませて味わうこと。

それから、色や香り、食感などが類似しているもの同士を合わせることが基本です。

 

シーンに合わせて飲みたいワイン6種とチーズの食べ合わせ

気持ちを切り替えたい夜に

おすすめの品種と産地
品種:ソーヴィニヨン・ブラン
産地:ニュージーランド

リフレッシュしたい時に飲んでいただきたいのが、ニュージーランド産のソーヴィニヨン・ブラン。
グレープフルーツの皮のような風味があり、気分がすっきりします。

合わせたて食べたいチーズ
フレッシュチーズ(モッツァレラ)

食べ合わせの基本はワインの飲み心地と合わせること。
すっきりとしてフレッシュな味わいのワインには、フレッシュなモッツァレラチーズを一緒にどうぞ。

 

ゆっくり過ごしたい秋の夜長に

おすすめの品種と産地
品種:ヴィオニエ
産地:オーストラリア

アロマティックな香りが特徴なこちらのワインは、開けてすぐにはバニラのようなコクが感じられ、グラスに注いでから時間がたつと桃のような芳醇な香りに変化していきます。
時間をかけてワインを楽しみたい長い夜におすすめ。

合わせたて食べたいチーズ
シェーブルチーズ(シェーブルドール)

シェーブルチーズの中にも色々と種類がありますが、その中でも「シェーブルドール」という種類はフレッシュで風味がまろやか。
ワインとも相性よく楽しむことができます。
ワインの香りに合わせて桃の缶詰を添えてどうぞ。

 

自分にご褒美をあげたい夜に

おすすめの品種と産地
品種:リースリング
産地:ドイツ

本記事でご紹介する中で唯一の甘口ワイン。
たまには自分に甘くなって、デザートワインのように楽しんでみてはいかがでしょう。

合わせて食べたいチーズ
青カビチーズ(ゴルゴンゾーラ)

塩気の強いゴルゴンゾーラチーズに、はちみつをかける要領で、甘口ワインと一緒につまんで楽しみましょう。

 

ホームパーティーの手土産に

おすすめの品種と産地
品種:グルナッシュ・ノワール
産地:フランス

お呼ばれしたときの手土産にオススメなのが、料理を選びすぎず気軽に飲めるこちらのワイン。
開けてからすぐに美味しく飲める気取らない飲み口で、すぐに乾杯したいパーティーにおすすめです。

合わせて食べたいチーズ
白カビチーズ(カマンベール)

ワイン同様、チーズも癖の少ないカマンベールチーズをセレクト。
様々なお料理と相性よく並べることができる2トップです。

 

大切な人とのロマンチックな夜に

おすすめの品種と産地
品種:ピノ・ノワール
産地:フランス

ロマンチックなよふかしにおすすめなのがフランス産ピノ・ノワール。
薔薇や梅、ラズベリーなどの華やかな香りは、まるで花束を持っているかのようなロマンチックさを演出してくれます。

合わせて食べたいチーズ
ウォッシュチーズ(ブリー・ド・モ)

「チーズの王様」と呼ばれるほどの豊かな風味とコクを持ちながら、クセのない食べやすさでとっても上品なチーズ。
華やかで女性らしいワインと合わせてどうぞ。

 

友人と語り明かしたい時に

おすすめの品種と産地
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン
産地:アメリカ

カベルネという品種は持続性があり、ずっと美味しく飲み続けられるのが特徴。
友人と語り合いながら長い時間楽しむことができます。

合わせて食べたいチーズ
セミハードチーズ(チェダー)

チーズとワインを交互に、少しずつ口に含ませながらゆっくり味わいましょう。

 

チーズにひとかけ。一緒に食べたい「ファセリアはちみつ」


みなさまには、ハンガリーで生まれた”ファセリアはちみつ”をチーズやワインと一緒に味わっていただきました。


ヨーロッパの中でも有数のはちみつ生産国であるハンガリーでつくられる、希少価値の高い”ファセリアはちみつ”。

あっさりとした甘さと芳醇な香りが特徴で、大人のおつまみにもぴったりです。

このはちみつが日本で初めて発売された嬉しいお知らせとともに、ご参加のみなさまにはお土産としてもお持ち帰りいただきました。

オンラインショップでもご購入可能ですので、ご興味のある方はぜひお試しくださいね。

来週公開の記事では、ファセリアはちみつを使ったワインと食べたい美味しいレシピもご紹介しますので、お楽しみに♩

教えてくれた人(講師)


ドリンクスタイリスト 齋藤久平
エディブルフラワーやハーブ、旅を通して出会った地方素材など「自然の恵みを活かしたスタイリング」で、様々なシチュエーションやライフスタイルに合わせたドリンクを提案。
現役のソムリエとして各国のワインに造詣あり。
できるだけ誰でも真似できるような手軽なレシピをモットーとした企業・飲食店向けのレシピ開発、スタイリッシュでSNS映えするケータリングから、セミナー、飲料ブランディング、メニュースタイリングまで幅広く活動。
資格:ソムリエ、薬膳ハーブ酒ソムリエJr.、ハーブティーソムリエ、温泉ソムリエ
WEBサイト
Instagram

 

ご参加の皆様、ありがとうございました!

ぜひまた NEXTWEEKEND HOUSE に遊びにきてくださいね。