NEXT WEEKEND DATE

じっくり味わいながら楽しむチーズは、時間のある休日にこそ楽しみたいもの。
今回はそんなチーズを楽しみ尽くすテーブル作りのヒントをご紹介します。

メニュー全てがチーズだと飽きるような気もしますが、大丈夫。
ほんの少しだけ気をつければ、最後までおいしく食べられるメニューを用意することができます。

ポイントは、食感にバリエーションを持たせること。
いくらとろりとしたチーズが好きでも、そればかり食べるとちょっと飽きてきてしまうもの。
ハードタイプのチーズも組み合わせてみたり、スライスしたチーズを組み合わせてみたりと、食感を変えてみることで、チーズをしっかり楽しむことができるメニューになりますよ。

 

コントラストが美しい、季節のポタージュとペコリーノチーズ


(鉢:岳中爽果

パセリを散らしたり、オイルや生クリームをかけたり、そんなあしらいが定番のポタージュ。
今回はかぼちゃの豆乳ポタージュにペコリーノチーズをたっぷり振りかけてみました。
広めの鉢に盛り付ければ、ポタージュそのものの味も、チーズを足した味も、両方しっかり楽しむことができます。

サイドメニューには野菜やフルーツを準備して体も満足に


(オーバル皿:田中直純)

チーズをたくさん食べていると、さっぱりしたものが食べたくなることがあります。
実はビタミンCや食物繊維はチーズに含まれていない栄養素なのだとか。
メニューに野菜やフルーツを合わせて、その栄養素を補うことで、しっかり体も満足する食卓になりそうです。
複数のメニューをテーブルにのせるので、サイドメニューはスマートな形のお皿に盛り付けて、場所を取りすぎないようにしてあげましょう。

さっぱり×こってりの主役はビターなウッドプレートに


(ウッドプレート:NEXTWEEKEND STORE

メインディッシュの肉、魚料理にももちろんチーズを合わせます。
今回は豚ロースの紅茶煮にとろりと溶かしたブルーチーズソースと、イチジクを組み合わせました。
紅茶で煮ることで、お肉が柔らかくさっぱりとした仕上がりになるので、こっくりとしたブルーチーズとイチジクとの相性は抜群です。
器は主役感のある大きなウッドプレートをチョイス。
焼いたヒノキのビターなカラーは、フードの色が引き立ちます。

 

チーズプラトーは彩りもしっかり楽しみたい


(ウッドボード:+MOKU

チーズをテーマにするなら、チーズの盛り合わせであるチーズプラトーは外せません。
安心感のあるいつものチーズに加えて、普段食べないようなチーズにも挑戦してみましょう。
色味のバリエーションも意識して、果物やナッツ、チョコレートなどを織り交ぜてあげれば、見た目も華やかに。

 

今回は川崎市武蔵新城のチーズ屋mikotoさんにフードをご用意していただきました。
mikotoさんから伺ったお話でとても面白かったのが、「チーズを調味料として使う」という考え方。
チーズはそのものに塩分と旨味があるので、その味わいを料理に活かします。
あえてベースの料理はシンプルで少し薄味にして、チーズを加えることで味に深みを出すのだそう。

秋の味覚がおいしい時期になってきました。
オーソドックスな楽しみ方にちょっと飽きたら、チーズと合わせてみるのはいかがでしょうか。また新たな発見があるかもしれません。


fromagerie mikoto
神奈川県川崎市武蔵新城にあるナチュラルチーズ専門店。
チーズを通して食の旬、チーズの旬の楽しみ方を提案。
10月末より店舗リニューアルopen。
チーズ、食材の販売の他、チーズを使った惣菜、お菓子なども並ぶ予定。


MYTABLE
不定期に店主が店番をする熱海のうつわ屋。
店主の店番がない日は、奥のカフェで器が購入できます。
9月のお店番日:2日(土)、23日(土)、30日(土)
10/13(金)〜10/22(日)は”秋を彩る、木とアンティークのあるくらし展”開催