NEXT WEEKEND DATE

今日はイギリスの伝統的なクリーム「レモンカード」をご紹介します。

日本ではまだそれほどなじみがありませんが、レモンのバタークリームといったイメージでしょうか。

初めて食べた時の衝撃と言ったら……!

パンチの効いた爽やかなレモンの甘酸っぱさと香りに続き、濃厚な卵の風味が押し寄せてきて、ジャムなどとは全く違った力強さに感激。
それ以来、常に仕込んでおきたい定番メニューになりました。

これさえあればちょっとしたコンビニクッキーなども立派なスイーツに大変身しますよ。

レモンカード

材料

レモン(無農薬のものが好ましい)…2個
卵…2個
グラニュー糖…70g
無塩バター…20g

作り方

1.レモンはよく洗い水気を拭いた後、横半分に切り、果汁を搾る(皮も後ほど使うので取っておく)。
※レモンを切る前に、少し手で強めに押しながらゴロゴロとレモンを転がすと、搾りやすくなり、果汁がたっぷり採れます。

2.バターを湯煎で溶かしておく。
※湯煎する場合、お湯は沸騰しない程度に弱火でゆっくりと。電子レンジで溶かしてもOKです。

3.ボウルに卵を割りほぐし、グラニュー糖を加えてよく混ぜ、【1】のレモン果汁と【2】の溶かしバターを加えて混ぜ合わせる。

4.沸騰する手前まで温めたお湯を張った鍋に、【3】のボウルを入れ、弱火で湯煎にかける。
かき混ぜながらゆっくりととろみがついてくるまで湯煎にかける。
※弱火でゆっくりと温めないとダマができるので注意してください。

5.とろみがついてきたら湯煎から外し、おろし器などでレモンの皮2個分をすりおろして入れ、混ぜ合わせる。
※レモンの皮を入れることで香りがアップします。白い部分まですりおろすと苦みが出るので、黄色の皮だけすりおろしてください。

6.ラップをぴったりと表面に密着させ、粗熱が取れたら冷蔵庫へ入れて冷やす。

ティータイムに、クッキーやショートブレッドにつけていただくのがイギリス流。

今回はベーシックなバニラクッキーを焼いて添えてみました。

クッキー生地を作ったら、棒状にしてラップに巻き、冷凍庫に保管しておくのがおすすめです。
こうすれば、好きな時に取り出して少し解凍し、適当に切って焼くだけですぐに手作りクッキーができて便利です。

コンビニなどで売っているシンプルなバタークッキーでももちろんOK。
レモンカードがあればコンビニ菓子も大変身しますよ。

 

レモンカードのアレンジレシピ

レモンアイスクリーム

市販のバニラアイスも、このクリームさえかければリッチアイスに変身。

レモンのミルフィーユ

6等分にしたパイシートとレモンカードを3回重ね、卵白で泡立てたメレンゲをのせて焼き上げるだけの簡単ミルフィーユもおすすめ。
バターの風味が豊かなサクサクのパイ生地と、ふわふわ食感のメレンゲに挟まれたレモンカードの酸味との相性が最高の一品。
よく冷えたアイスレモンティーと一緒に合わせたい一品です。