NEXT WEEKEND DATE

どの家庭にも身近な存在のヨーグルト。

そんなヨーグルトが主役の、スイーツレシピがたくさん詰まった「YOGURT-ヨーグルトの冷たいお菓子と焼き菓子-」という素敵な本にNEXTWEEKEND編集部は出会いました。

焼き菓子にするとふんわり軽く仕上がり、冷たいお菓子はさっぱりとそのままの味を感じられて、飽きずに楽しめます。

今日はそんな中からオススメレシピをいくつかご紹介したいと思います。

 

プレーンヨーグルトバーク


(スタイリング/池水陽子・撮影/新居明子)

材料(約 20× 16×高さ3cm のバット1枚分)

・プレーンヨーグルト…300g(水きり後 約150g)
・グラニュー糖…大さじ1  1/2〜2
・はちみつ…小さじ1〜2
※下準備でバットにオーブンペーパーを敷いておく

作り方

1. ヨーグルトは水切りする。
2. ボウルに【1】 を入れて泡立て器でほぐし、グラニュー糖を加えてなめらかになるまで混ぜる。
3. はちみつを加えてよく混ぜ合わせる。
4. バットに流し込み、ゴムべらで7~8mm厚さにのばし広げ、冷凍庫で2 時間以上冷やし固める。
5.  固まったら、好みの大きさに手で割り、出来上がり。
(※トッピングでカスタマイズをする場合は、【4】の冷凍庫に冷やす前のタイミングに行います。)

最近話題の、板状に冷やし固めて作るアイスのヨーグルトバーク。

好きなフルーツやナッツで自分好みにカスタマイズしても楽しいですし、ヨーグルトの味もストレートに感じられる、外せない一品です♩

 

基本のガトーヤウー


(スタイリング/池水陽子・撮影/新居明子)

材料(18cm のパウンド型 1台分)

・薄力粉…140g
・ベーキングパウダー…小さじ1
・きび砂糖…80g
・卵…2個
・油…大さじ4
・プレーンヨーグルト…80g
※下準備で型にオーブンペーパーを敷き、オーブンは190℃に予熱しておく

作り方

1.  ボウルに薄力粉とベキングパウダー、きび砂糖を入れて泡立て器でかき混ぜる。
2. 別のボウルに卵を割り入れて溶きほぐし、油とヨーグルトを加えてよく混ぜる。
3. 【1】の粉の中央を少しくぼませて、そこに【2】を少しずつ加える。
4. 真ん中から少しずつくず すように、粉気がなくなるまでしっかり混ぜ、型に流し入れる。
5. 180℃のオーブンで40分ほど焼く。(竹串を刺し、生の生地がつかなければ良い具合)。
6. 粗熱がとれたら型から出し、冷まして出来上がり。

「ヤウー」とはフランス語でヨーグルトのこと。

フランスの家庭ならではのヨーグルトを入れた焼き菓子で、家庭ごとに少し味が違ったり、それぞれお気に入りのアレンジがあるそう。

不思議とホッとするような、何度でも食べたくなる味わいです。

 

いつも身近なヨーグルトが、こんなに美味しそうなスイーツになるんだ…!と、発見の連続。

今日はどうやって食べようかな、なんて考えてみるのも楽しいです。

「YOGURT-ヨーグルトの冷たいお菓子と焼き菓子-」に載っているレシピは、手軽に揃う材料でパッとつくれるものがほとんど。

ぜひ週末に挑戦してみてください。