NEXT WEEKEND DATE

行列ができる京都の有名喫茶「ソワレ」の名物といえば、ゼリーポンチ。

あのレトロな空間でいただくそれは、まるでステンドグラスのように色鮮やかで、女子の心を鷲掴み。

眺めていたいほど美しいのに、食べたらなくなる儚さもまた、「いとをかし」です。

今週は、毎年夏になると使い切れずに持て余すかき氷のシロップを使って、ソワレ風のカラフル「ゼリーポンチ」を作ってみませんか。

ソワレ風カラフルなゼリーポンチの作り方

材料

・サイダー 200CC
・粉寒天 5g
・かき氷のシロップ 大さじ2~(色合いをみて、好みの量)
・フルーツジュースなど 大さじ2~(色合いをみて、好みの量)
※酸味の強いものは性質上、寒天が固まりにくい場合があります。
・お好みでフルーツ(今回はマスカット)、ミントなど

作り方

1.500mlのお湯を沸かし、5gの粉寒天を煮溶かします。(分量は寒天のレシピに従ってください。)

2.シロップやジュースを入れた容器に、それぞれ注ぎます。

3.寒天はゼラチンと違って常温でも固まりますが、冷蔵庫で冷やすことでより一層ひんやり美味しくなります。固まるまで冷蔵庫へ。

4.それぞれを角切りにします。

5.グラスにバランスよく並べて、冷えたソーダを注いだら完成です。

 

ソーダのシュワシュワに透けて輝く涼しげな寒天!

カルピスや牛乳を注ぐのも、また違った雰囲気になりおすすめです。

おうちでのおもてなしに、ジャーに詰めてピクニックへ、残り少ない夏もとびっきり楽しみたいですね!