NEXT WEEKEND DATE

今大ブーム中でもあるレモン菓子。

レモンの旬は冬ですが、この酸味はやっぱり夏に味わいたくなりますよね。

暑い夏も爽やかなスイーツでリフレッシュできるよう、今月はレモンを使ったお菓子を3つご紹介していきたいと思います。

今日ご紹介するのはハニーレモンスコーンです♩

爽やかな香りとやさしい甘みをぜひ味わってみてくださいね。

ハニーレモンスコーン

材料(12個分)

ハニーレモン(レモンの蜂蜜漬け)…12枚(作り方は最後に)
薄力粉…250g
ベーキングパウダー…大さじ1
グラニュー糖…60g
塩…少々
無塩バター…90g
A
溶き卵…1個分
牛乳…適量(溶き卵と合わせて90mlになるように)
打ち粉(薄力粉)…適量

下準備

・すべての材料を計量しておく
・オーブンを180度で予熱

作り方

1. バターをボウルに入れる。
そこに薄力粉、べーキングパウダー、グラニュー糖、塩をふるって入れ、両手でバターを刷り込むようにしながら、そぼろ状になるまで混ぜ合わせる。
※スコーンの場合はバターを柔らかくしたくないので、計量後、使う直前まで冷蔵庫に入れておきます。

2. よく混ぜ合わせたAを少しずつ【1】に加え、その都度スプーンなどで混ぜ合わせる。
※この時、生地に少し粉っぽさが残る程度がいいので、その都度分量を調整します。

3. ボードに打ち粉をふるい、【2】を置いて、めん棒などで生地を手前から奥へこねる。
※こねすぎないこと。10回程度でOK。

4. 最後に2cmの厚さにのばし、セルクルなどで12等分にする。
※包丁などで四角や三角に切ってもOK。

5. 【4】の上にハニーレモンをのせ、180度に予熱したオーブンに入れる。

6. 18分から25分程度、ハニーレモンがあめ色に色づいてくるまで焼く。

少し香ばしいキャラメリゼされたハニーレモンの甘くほろ苦い感じがやみつきになるスコーンです。
おやつはもちろん、朝ごはんにもぴったりです!


今回はハニーレモンを作ったときのシロップを炭酸水で割ったハニーレモンスカッシュを添えてみました。

ビタミンCたっぷりで様々な栄養素があるハニーレモンは、美肌効果や疲労回復など様々な効果があります。

日焼けした肌や、夏バテの体にもピッタリなスイーツです。

作り置き便利なハニーレモン


有機栽培されたレモンか防カビ剤不使用のレモンが見つかったときに必ず作ってストックしているのが、ハニーレモン。

作り方もすごく簡単です。

作り方

1.レモンをよく洗ってペーパーなどでしっかりと水気を取り、2㎜くらいの厚さにスライスします。

2.そのあと密閉できる瓶に入れ、上からハチミツをレモンがかぶるぐらい入れたら、冷蔵庫に入れて一晩寝かせれば完成です。

そのまま食べてももちろんのこと、ヨーグルトに入れたりバニラアイスにトッピングしたりしてもとてもおいしいですよ。

※レモン菓子で注意したいこと
レモンは果汁を使うだけでなく、皮も重要。
この皮にすごく爽やかな香りがあります。
皮まで使いたいので、できれば無農薬又は有機栽培のものを使用してください。
冬は国内産のものも多く出回りますが、今は夏。
ほとんどがチリ産のものです。
なかなか無農薬のものには出会えないと思いますが、せめて防カビ剤(防ばい剤)不使用のレモンを使ってください。