NEXT WEEKEND DATE

キャンプでの大きな楽しみは、やっぱり野外で食べるごはん。

自然の中でお腹を空かせて食べるごはんはただでさえ格別ですが、せっかくだからみんながわっと湧くような、おしゃれで抜群に美味しい料理を作りたいもの。

今日は簡単に実践できて盛り上がるキャンプ飯のメニューを5つご紹介します。

 

好きな具材を包んで楽しむトルティーヤ

トルティーヤと選べる具材を用意すれば、各々がカスタマイズして楽しめるテーブルの完成。
具材は葉野菜、ローストチキン、ミックスビーンズなど出来合いのものを並べるだけでもOK。
簡単なのに華やかで盛り上がります。

もちもちの自家製トルティーヤと、甘めの照りやきチキンのレシピはこちらから

 

ダッチオーブンで焼き上げるお肉

ダッチオーブンで大きなお肉を余った野菜とともに焼き上げてみましょう。
周辺で詰んだハーブを入れて香りをつけるのが一歩上級テクニック。
待つ時間も楽しく、ふたをあける時にわくわくします。

 

チーズやナッツは燻製にしてみる

難しそうに聞こえる燻製ですが、ホームセンターなどで燻製チップを手に入れれば、いつもの材料で案外簡単にできます。
フライパンにアルミホイルをしき、スモークチップと金網をのせたら自家製スモークマシンの完成!
カマンベールチーズやミックスナッツ、魚介類などお好みの具材を燻製にしてみてくださいね。
お酒がすすむ大人のおつまみです。

 

定番の焼きとうもろこし、じゃがバターはひと工夫を。

キャンプやBBQで定番の焼きとうもろこしには、粉チーズとチリパウダー、ハーブをかけて。
ポテトには表面に細かく切れ目を入れてチーズやハーブを刻んだバターをのせて。
ほんのひと手間で、定番メニューも一気にスペシャル感が出るものです。

 

しめはやっぱり、とろけるスモア

焼きマシュマロとチョコをクラッカーに挟んで食べる”スモア”。
焚き火でとろとろになるまでマシュマロを溶かして、それをぎゅっとサンドする瞬間がたまりません。

材料をまとめてスモアコーナーを作っておいても楽しいです。

手間をかけなくても、ちょっとしたひと工夫で楽しいキャンプ飯が完成します。
ぜひこの夏、大切な人と一緒に、お腹も心も満たされる幸せな時間を過ごしてみてくださいね。