NEXT WEEKEND DATE

夏に食べたいひんやりデザート。

買ってきたものをカップのまま食べてしまうのもいいけれど、盛り付けを工夫するだけで、ぐっと素敵なティータイムをつくることができます。

ちょっとしたひと手間を加えて、おうちでもカフェのようなデザートを満喫してみませんか。

 

定番デザートは足つきの器でグレードアップ

身近に購入する機会がない足付きの器ですが、ひとつあると、ティータイムがぐっとフォトジェニックなシーンになります。

プリンやゼリー、アイスクリームなどの定番デザートは、足つきの器に盛り付けて、特別感をしっかり演出してみましょう。


(足付きカップ:田中直純)

生クリームとさくらんぼを上にのせたら、昔ながらの喫茶店仕様なプリンの出来上がり。

アイスクリームは、アイスもソースもたっぷりが大正解。

縁がしっかりある器なら、溶けたアイスがこぼれる心配もなくて安心です。

 

アジアなデザートは素朴感のある器や鮮やかカラーの器で

アジアなデザートは、素朴な雰囲気のある土ものの器や、鮮やかカラーの器がオススメです。


(鉢:福田るい)

ベトナムのぜんざい「チェー」はグレーの土ものの鉢にを盛り付けて、優しくほっこりした仕上がりに。

ちなみに、”土もの”とは土を材料に作る陶器の別名で、石を材料に作る磁器である石ものと呼び分けられています。

(ボウル:ポーリッシュポタリー)

濃い黄色の器には、ココナッツミルクで作ったフルーツポンチを。

今回合わせた器はアジアのものではなく、ポーランドの陶器です。

テーマに合わせた素材やカラーの器を選べば、その地域の器を使わなくても、料理の雰囲気をより楽しめるものです。

 

抹茶プリンは湯のみで作ってユーモアを


(湯のみ:三浦ナオコ)

和な雰囲気がある抹茶プリンは、ちょっぴりユーモアを加えて、お気に入りの湯のみで用意してみてはいかがでしょうか。

湯のみに加えてお茶とおやつもそれぞれ準備をしたら、湯のみを使ったメニューが何なのか一瞬分からない、ちょっとしたサプライズになるかも。

 

買ったものはついそのまますくってしまうスイーツたちですが、たまにはテーマを決めて、しっかりと準備してみるのも楽しいものです。

カフェでしか楽しめないと思っていた雰囲気も、意外と自宅でも実現できちゃったりします。

とびきり暑い真夏の休日は、ひんやりデザートで自宅でとっておきのティータイムを過ごしてみませんか。