NEXT WEEKEND DATE

だんだんと暑さも強まり、いよいよ夏本番。
今年はどんな夏を過ごしていますか?

今月の暮らしのテーマは「季節の達人になろう」#夏あつめ

Weekend Filmでは、主人公のナスカが夏のお知らせをするためにサマーカードを作っていますが、この記事では暑中見舞いをはじめ素敵な手紙を送るためのアイテムをご紹介したいと思います。

▼毎月1日配信!暮らしの動画 Weekend Film
「ナスカの週末野心を叶えてみる日々~#夏あつめ 季節の達人になりたい!~」

 

豆うちわで送る絵葉書

Weekend Filmにも登場したこちらは「豆うちわ」というミニサイズのうちわ。

動画ではプレーンタイプの豆うちわを使用し、水彩画で絵葉書を作りました。

ちょっとしたサマーカードでも、こんな風にうちわの形で送られてくると心に残りますね。

こちらで購入いただけます
和紙かわ澄
オンラインショップ

 

身につけたい技術、ブラッシュカリグラフィー

NEXTWEEKENDのワークショップ「素敵な文字からはじめる、手紙の送り方」でも大好評だった“ブラッシュカリグラフィー”は、筆タイプのペンを使ってロゴのように飾り文字を描く技法。

少し練習が必要ですが、一度マスターしてしまえば、サマーカードを含めこれから色々なシーンに取り入れることができる、とっても楽しい技術です。

NEXTWEEKENDで販売中の「ブラッシュカリグラフィー練習帳」でも練習ができるので、ご興味のある方は是非挑戦してみてくださいね。

「ブラッシュカリグラフィー練習帳&お手紙キット」ダウンロード販売中!
商品の詳細はこちら
ご購入はこちら

夏にぴったり。涼しげなガラスペン


次におすすめしたいのが、見た目にも涼しげなガラスでできた万年筆、「ガラスペン」。

例えば職人技が光る手作りのガラスペンは、一つ一つが貴重な作品で、一度手に入れたら長期に渡って大切に使い続けたい道具です。

お気に入りのガラスペンを見つけたら、夏らしいカラーのインクを使って、大切な人へ素敵な言葉を紡いでくださいね。

レトロ可愛い、シーリングスタンプ


封筒が未開封であることを証明するためのシールの役割として使われていた「シーリングスタンプ」。

溶かしたロウ(シーリングワックス)にスタンプの型を押して固めるこちらは、古くから使われてきた歴史ある技法です。

ロウの色や質感も今では様々なものがあり、レトロかわいい見た目が魅力。

自分専用のオリジナルのスタンプを作ることもできるので、一つ持っていると重宝するお手紙アイテムのひとつです。

 

もらって嬉しい、オリジナル切手


ちょっとした郵便物でも、可愛いらしい切手が使われていたりするとなんだか嬉しくなりますよね。

そんな、郵便には欠かせない「切手」ですが、実は自分でデザインしたものが作れるんです。

NEXTWEEKENDでもスイカ柄のサマー切手を作りましたが、日本郵便が運営するサービスを利用してお気に入りの写真やデザインを入稿すれば、誰でも自分だけの切手を作ることができます。

切手制作はこちらから
オリジナル切手作成サービス – 日本郵便


※実際は上記のような形状で届きます。

みんなの #夏あつめ

今月の月間ハッシュタグ「#夏あつめ」に集まった素敵な投稿をご紹介します。
この夏の野心を叶える参考にしてくださいね。

milyさん(@mily.accessory)がシェアした投稿

夏にぴったりなハンドメイドアクセサリー。
サマーレターの封筒の中にこっそり忍ばせても素敵ですね。

 

カリグラフィーを使った、スイカとヨットのサマーカード。
思わず描いてみたくなる動画です。

 

海辺で「お絵かきピクニック」!
太陽の下で描く絵葉書は、きっとパワーがもらえる元気なイラストになりますね。

 

いかがでしたか?

7月も残すところあとわずかですが、まだまだ夏は続きます。

今の時期だからこそ叶えられる野心をぜひ見つけてくださいね。