NEXT WEEKEND DATE

素敵な器でテーブルをつくりたいけれど、どこから手をつけたらいいのかわからない。

そんな時は器小物たちから取り入れてみるのはいかがでしょうか。

ポイント使いで取り入れるだけでも、一皮むけたテーブルを用意することができますよ。

器小物と言えば、「箸置き」「醤油差し」など用途の名前がついたものが多いので、ついその用途専用のものと考えてしまいますが、他の使い方をしたってもちろんOK。

今日はそんな幅広い使い方ができる器小物を3つご紹介します。

眠らせていた小物も新しく迎えた小物も、自分なりの使い方を見つけて、どんどんテーブルに登場させていきましょう。

テーブルの印象があがる「箸置き」

引き出しの奥に眠らせっぱなしの箸置きはありませんか?

せっかく手元にあるのなら、使わない手はありません。
(箸置き:studio iiro

箸はもちろん、フォークやナイフなどのカトラリーレストに使ってもよし。

 


(箸置き:遠野秀子)

平たい箸置きはティーバッグ置きにも便利。

箸置きとしても使いながら、ちょっとした薬味やお漬物をのせてしまうのもオススメです。

 

いろんなタイミングで使える「ミルクピッチャー」

コーヒーや紅茶のお供に使うミルクピッチャー。

細いそそぎ口を活かせば他の用途にも使えます。

料理の最後に上からかける調味料を、容器から使う分だけミルクピッチャーにうつしておきましょう。

少量ずつ注げるので、好みの味に調節しやすいですよ。


(ミルクピッチャー:遠野秀子)

サラダのドレッシングを準備してみたり。


(ミルクピッチャー:遠野秀子)

パンケーキやワッフルなどにかけるシロップを入れておくのもいいですね。

 

あると楽しい「エッグカップ」

半熟卵を立てたまますくって食べるのに使うエッグカップは、ヨーロッパではとてもポピュラーな存在。

海外映画の朝ごはんのような気分になれるので、あると楽しい器小物のひとつです。

日本ではあまり販売しているお店を見かけないこともあり、見かけるとつい買い足してしまいます。


(エッグカップ:ittala origo)

こんな風にゆるい半熟卵をスプーンですくって食べるのがオーソドックスな使い方。

すくうだけでなく、細くカットしたパンをつけて食べるのも、ちょっと楽しい食べ方です。

 


(エッグカップ:ittala origo)

器の小ぶりさを活かして、ディップソースを入れておくのもオススメです。

これにだけ使う!と考えると、なかなか出番の少ない器小物達ですが、自分なりのアイディアで活躍させてみるのも、楽しみ方のひとつかもしれません。

器を楽しみたいなと思ったら、まずはポイント使いの器小物をテーブルに取り入れてみませんか。