NEXT WEEKEND DATE

季節ごとの旬のフルーツでつくるフルーツシロップ。

びんに詰めた時のカラフルな見た目も、いろんな使い方ができるのも楽しいので、時間を見つけて仕込んでおきたいものです。

今回ご紹介するのは、氷砂糖を使った時間のかかる作り方ではなく、一晩でできる手軽なレシピ。

レモン、キウイ、種無しぶどう、プラムのフルーツシロップと、後半では新生姜で作るピンク色のジンジャーシロップもご紹介します。

自家製フルーツシロップ

材料

季節のフルーツ…200g
砂糖…200g
水…400ml

作り方

1.鍋に水、砂糖を入れ、溶けるまで火にかける。そのあと粗熱を取る。
2.瓶を熱湯消毒し、切ったフルーツを入れ、【1】を注ぐ。

レモンは国産の防腐剤不使用のものをスライスしてから6等分、キウイはグリーンとゴールデンを使って1センチ角、種無しぶどうは半分、プラムは角切りにしました。

切った後の水分も一緒に瓶に入れましょう。

使う砂糖はグラニュー糖を使うと溶けやすく、シロップに適しています。

一晩経つとフルーツの色が溶け出してキレイなシロップになりますよ。

新生姜のピンクシロップ

次にご紹介するのは、ほのかなピンク色が可愛いジンジャーシロップ。

炭酸で割ってジンジャエールにするとピリッと爽やかでおいしいですよ。

材料

新生姜…200g
砂糖…200g
水…400ml
シナモンスティック…1本
レモンスライス…2枚

作り方

1. 新生姜を薄くスライスして鍋に入れ、砂糖をまぶす。30分置く。
2. 水、シナモンスティックを加え、15分ほど煮込む。
3. 瓶を熱湯消毒し、レモンスライス、【1】を注ぐ。

フレッシュなフルーツシロップは、フルーツも一緒に炭酸や冷たいお水で割ったり、ヨーグルトドリンクにしたり、ケーキやパンの仕込み水にしたり、ワインに入れてサングリア風にも。

2種類くらいをカスタマイズしたり、自由に楽しんでくださいね。

冷蔵庫で一週間くらいを目安に使い切るようにしましょう。

スタイリング

あえて揃えずにいろんなグラスを使って、フルーツのイメージのグラスを選んで楽しんで。

不揃いな感じもかわいいですよ。

旬のフルーツを使ってオリジナルのフルーツシロップを作ってみてくださいね。