NEXT WEEKEND DATE

忙しくても毎日をもっと自分らしく、楽しく過ごしたい!
そんな欲張りな女性たちを後押ししてくれるスマイルホワイティエとNEXTWEEKENDがコラボレーション。

毎日のルーティンを前向きにシフトする、#小さな挑戦 を4〜6月で提案していきます。

連載初回となる今回は、#小さな挑戦 アンバサダーの皆様を招いて行われた、パーソナルスタイリスト・大日方久美子さんとNEXTWEEKEND代表・村上萌のトークショーの様子をお届けします。

 

“自分らしさ”を見直すヒント

MOE:久美さんは現在パーソナルスタイリストとしてご活躍されていますが、その前は会社員だったんですよね?

KUMI:そうなんです。3年前まではアパレルの販売員をしていました。そのブランドがなかなか独特で、海外のリゾートで着たくなるようなデザインを扱っていたんです。だから、いかに日常で取り入れてもらえるか毎日考えていましたね。

MOE:そこからなぜパーソナルスタイリストに?

KUMI:当時から自分のお店のアイテムを単体で提案するのに限界を感じていて…。例えばお客様がトップスを気に入ってくださったとしますよね。でも、うちのアイテムだけを合わせちゃうと本当にバカンス仕様になっちゃう。だから、明日着るためにはうちのブランドよりも隣のショップのあのパンツを合わせたほうがハマるんじゃないか。そんなことをお客様に提案していたんです。あるときは休日にふらっと入った靴屋でお客様に似合いそうな靴を見つけて勝手にキープしちゃったりとか(笑)。

MOE:すごい!そんな店員さん会ったことない!

KUMI:普通そこまでしないですよね(笑)。でも、次会った時にお客様がその靴を履いてきてくださったりすると、もう嬉しくて仕方なかったんです。で、だんだんお客様のクローゼットの様子もわかってきて、トータルでコーディネートの提案をできるようになって。「あ、私がしたいのってコレだな」って思って独立しました。

MOE:素敵ですね。あくまで一般の女性を対象にスタイリングしているんですよね?

KUMI:そうです。モデルや女優ではなく、目の前にいる個人の女性を美しくするお手伝いができたらいいなと思っています。服を一式買い揃えて、「あなたに似合うのはこれですよ」ではなくて、その人のクローゼットにあるものでベストなスタイリングをするのが理想。買い物だけなら誰でもできますけど、私は今あるものをいかに新しく見せられるかを大切にしています。

MOE:なるほど。確かに久美さんの著書『”エレガント”から作る大人シンプルスタイル』もすごくベーシックなアイテムを今っぽく素敵にアレンジされてますよね。

KUMI:嬉しい♡ この本が出来て一年たって改めて読み直す時、正直少し怖かったんです。「自分の中でもう気分じゃなくなってたらどうしよう」「古く感じたらどうしよう」って。でも、読んでみたら相変わらず自信を持てる内容だって我ながら思えた。ちゃんと自分の根本にある基本を表現できていたからだと思います。

MOE:その気持ち、わかる気がします。もちろん時間とともに気分は変わるし、成長もしている。でも、本当に伝えたいことさえブレていなければ、時間が経っても必ず共感できるんですよね。

 

自分を立て直すためのスイッチを知っておく

MOE:いつも笑顔で明るい久美さんですけど、落ち込むことってあるんですか?

KUMI:もちろん、あるある!そんなときは、もう何もしないようにしてます。以前は「やりたくない」と「やらなきゃ」との葛藤に悩みましたけど、今は葛藤するエネルギーこそムダだって気付いていて(笑)、本当に何もしません。お風呂にも入らない、化粧もオフ、ご飯もデリバリーで済ませて、1日中愛犬とゴロゴロ。そうするとだんだん何もしないことに飽きてきて、「よし、やるか!」という気持ちに切り替わるんです。あと、香りで気分を上げることもあるかな。

MOE:香りは私も取り入れています。たとえば私は北海道に住んでいるので会議をスカイプですることも多いのですが、画面上だとしても人と接するときには必ず香水をつけています。気持ちがガラッと変わるんですよね。

KUMI:そういう、自分なりのスイッチは大事だよね。私も、大好物のラーメンを食べたり、元気をくれる串揚げ屋のおじさんに会いに行ったり、旅行に出かけたり。自分なりのスイッチはちゃんとわかってますね。
萌ちゃんは香り以外にも何かしてるの?

MOE:くみさんの意外な趣味がかわいい!(笑)私は東京と北海道の往復なので、その空間的な移動でかなりスイッチングできている気がします。あとはお花。自宅のいたるところにお花を飾っているんですけど、やっぱりお花があるところはちゃんときれいにしておきたくなる。部屋がキレイになることで気持ちもシャキッとしますね。

KUMI:あと温泉もじゃない?

MOE:そうだった(笑)。北海道は温泉がたくさんあるから、週に1回は行ってます。温泉ってその土地のエネルギーをダイレクトに吸収できるから、すごく元気が出る。とにかく働く女子は自分のスイッチを知ることが大切ですよね。

 

毎日を前向きにする#小さな挑戦

MOE:今回NEXTWEEKENDでは、“#小さな挑戦”と題して、毎日を自分らしく前向きに過ごすヒントを提案していくのですが、久美さんが自分らしくいるために欠かせないことはありますか?

KUMI:パーソナルスタイリストは、自分に自信がないと務まらない仕事。だから、人と会う前のエチケットケアは欠かせません。

MOE:どんなケアをしているんですか?

KUMI:ずっと続けているのは瞳のケア。何十年も前から目薬を愛用しています。白目が澄んでいると説得力が違うんです。

MOE:確かに、久美さんの白目は印象的ですね。

KUMI:目薬を忘れると本当にストレスで、今ではメイクポーチだけではなく各バッグに1個ずつ常備するほど。私にとって、歯をホワイトニングするように、瞳をケアするということも同じくらい重要なんです。だから今回スマイルホワイティエをご紹介いただいたのは目薬好きな私にはぴったりでした。

MOE:さした後のスッキリ感が気持ちいいですよね。やるぞ!って気合いが入ります。ちなみにさっき久美さんが目薬をさしているところを見ましたけど、すごく美しかった(笑)。

KUMI:目薬が好きすぎて、さし方も研究したから(笑)。上を向いて目薬をさすとき口元を手で必ず隠します。

MOE:なるほどマネしよう!これからアンバサダーの皆さんには、自分らしい毎日を過ごすためにいろんな#小さな挑戦 をしてもらうのですが、久美さんはどんな挑戦をしたいですか?

KUMI:たくさんあるな…。まず1日1食は自炊したい。あと1日1個英単語を覚えたい。あ、あと仕事の請求書をちゃんと出す(笑)。

MOE:最後のはすごくリアルな挑戦!(笑)

KUMI:萌ちゃんは?

MOE:私もたくさんあります。刺繡を再開したいのと、和食の基本を勉強したい。あと、オフィスや自宅のDIYにも挑戦したいし、自分にももう少し手をかけたいな。

KUMI:ついつい忙しいことを言い訳にしがちだけど、自分の時間が充実している人の方が仕事もうまくいってる気がする。

MOE:ポジティブの連鎖ですよね。NEXTWEEKENDでも、#小さな挑戦 を通じて一人でも多くの女性が前向きになれるお手伝いができるといいなと思っています。

 

#小さな挑戦 アンバサダー任命式も開催!

今回NEXTWEEKENDで募集した10名の #小さな挑戦 アンバサダーも会場に集結。

応募したきっかけはさまざまだけど、春から環境が変わり、まさに#小さな挑戦 真っ只中のみなさん。
澄んだ瞳と共に前向きに過ごしていくための意気込みを一人一人語りました。

アンバサダー任命式では、そんな #小さな挑戦 を後押ししてくれるアイテムの詰め合わせBOXもプレゼント。

イラストレーター湯浅望さんの手描きでそれぞれの名前を入れたノートブック、スマイルホワイティエがぴったり入るイニシャル刺繍入りのミニポーチ、いつも美しい手元でいられるNAILS INCのネイルカラー、心地よく服を身につけられるTHE LAUNDRESSの洗濯洗剤、健やかな素肌になれるchant a charmのクレンジング、いつも美しい唇でいられるNUANCEのリップスティックなど盛りだくさん。

ちょっとだけ自分を底上げしてくれるアイテムと毎日を楽しんでいただけますように。

Smile Whitéye (スマイルホワイティエ)
スマイルホワイティエ(第2類医薬品)目の充血・疲れ目に