NEXT WEEKEND DATE

春の迎えかた#花勉強」 がテーマの3月は、いろいろな角度からお花の勉強をしてみませんか?

今回は、エディブルフラワーの上手な使い方をご紹介。

華やかだからこそ仰々しくなりがちなエディブルフラワーですが、料理をそっと引き立たせてくれる、見た目も味もおいしい使い方をマスターしましょう。

 

▼3月の月間テーマは「春の迎え方」#花勉強

 

調味料として使う

1

おすすめなのは、シンプルな料理でも簡単に華やかにできる、フラワーソルト。

ローズやラベンダーなどのドライハーブを細かく砕き、お好みの塩と混ぜるだけです。

今月のWeekend Filmでは、色別に分けたフラワーソルトを作り、ソルティドック風にワイングラスの縁を彩りました。

 

フラワーソルトをグラスの縁につける方法

1.指を濡らしてグラスの縁をなぞります。

2.平たいお皿にフラワーソルトをまんべんなく敷き詰めます。
2

3.お皿の上に、【1】 のグラスを逆さまにしてつけ、縁をつけたまま回します。3

4.グラスをお皿から離し、フラワーソルトがまんべんなく縁についたら完成です。4

 

 

サラダには、白い花をメインに使う

5

6

フレッシュなエディブルフラワーの花びらはサラダ料理にぴったり。

彩りだけではなく、ビタミンなどの栄養素も実は抜群!

ちょっぴり辛いナスタチウムの花をマスタード代わりに使ったり、味にもアクセントをくれるもので選ぶのも楽しいです。

とはいえ、緑黄色がメインのサラダでは、カラフルなエディブルフラワーはちょっと派手。

そこでオススメなのが、白い花をメインに使うことです。

色とりどりの野菜の中で、さりげなく春らしさを演出してくれます。

 

砂糖・塩漬けにする

7

8

エディブルフラワーを砂糖漬け・塩漬けにして、料理やお菓子のトッピングに生かすことができます。

材料
・エディブルフラワー(10〜20個程度)
・卵白(1個分)
・グラニュー糖 適量

作り方
1.エディブルフラワーを水洗いし、よく乾かす。
2.卵白に【1】をつける。
3.【2】にまんべんなくグラニュー糖をかける。
4.大きめの皿の上にグラニュー糖を敷きつめ、その上に⑶を乗せ、冷蔵庫もしくは冷暗所で乾かす。
5.1日〜2日おき、固まったら完成。

写真のお菓子は、NEXTWEEKENDの料理動画シリーズ「とことんHOMEMADE」でご紹介したチョコパイサンドを応用したもの。

Weekend Filmでナスカが週末野心を叶える舞台となっているCafe NAVYのパティシエが作ってくれました♩

マシュマロとろける、チョコパイサンド|とことんHOMEMADE

 

みんなの #花勉強

今月のハッシュタグをつけて野心を叶えてくれた皆さんの素敵な #花勉強をご紹介します♪

お日様に向かって伸びる芽

生命力ってすごい!

 

お家をミニ植物園化

葉っぱやお花を小さく分けて、小瓶に飾ってミニ植物園♪

 

夜の梅の花

今の季節ならではの #花勉強 ですね。

 

みなさんも、花と過ごす生活の一コマにぜひ #花勉強 をつけてシェアしてくださいね。

素敵な週末を!
 
 

#お茶会