NEXT WEEKEND DATE

あたたかくなる春に向けて、気持ちもあたためていきたい2月。

#ありがとう月間 がテーマの今月は、ちょっとしたプレゼントで「ありがとう」を伝えるTIPSを「#週末野心」に集まった投稿からご紹介します。

なんでもない日でも感謝の気持ちを伝えることを楽しんでみましょう。

 

︎花言葉つきのお花

季節ごとに楽しめるお花は、記念日の大きなブーケだけじゃなく、手土産にさらっと渡せると素敵です。

せっかくお花をプレゼントするなら、花言葉にもこだわってみましょう。

相手にぴったりの花言葉で選んでみたり、「花言葉を調べてみてね」なんて贈りたいメッセージを花に託してみてもいいかも。

Weekenderの皆様の中にも、こんな工夫をしている方々が。

 

Ayakaさん(@a.y.k_gram)がシェアした投稿

かすみ草とブルースターのとっても素敵なブーケ。
かすみ草の花言葉は「感謝」、ブルースターは「信じる心」だそう。
あげてももらってもうれしい言葉の組み合わせですね♩

 

メッセージ入りの手作りアイテム

ちょっとしたプレゼントでも、そこに手書きメッセージなどの「手作り感」があると、心がほっこりするもの。

ひと手間加えることで、世界にたったひとつのギフトに変身させましょう。

 

risaさん(@r_i_s_a_15)がシェアした投稿

こちらは手作りのアイシングクッキー。
シンプルなホワイトで書かれた「Thankyou」に想いを感じます。

 

市販アイテムはラッピングで一工夫

市販品を贈るときは、オリジナルのラッピングでカスタマイズして贈ってみましょう。

電化製品や本など、お店で可愛いラッピングができないときなどは特に。

m a n aさん(@mn.365)がシェアした投稿

こちらはパッケージがかわいいチョコレートを、刺繍糸で結んでメッセージカードを添えたもの。
相手のことを考えて贈る気持ちがしっかり伝わりますね。

 

シンプルな紙袋も、リボンやメッセージをプラスしたらぐっと特別感が増しますね。

 

ちょっとしたプレゼントも、ほんのひと手間で「気持ちのこもった贈りもの」に変わります。

ぜひプレゼントする相手の笑顔を想像しながら「ありがとう」を伝えてみてくださいね。

(文/萩原かおり 編集/NEXTWEEKEND)