NEXT WEEKEND DATE

大きな声では言いづらいちょっとした悩みや、あえて近い存在のひとには話しにくい悩みは誰にでもあるもの…。

今月から、Weekender編集部のみなさまから匿名で募集したお悩みに、NEXTWEEKEND編集長 村上萌が答える連載をはじめます。

今日ご紹介するのは、年齢イコール付き合ったことのない年月というWeekenderさんのお悩みです。

onayami_0214

年齢イコール付き合ったことのない年月なのですが、もう笑えないし、どんどん恥ずかしくなって、友達にも相談しにくくなってしまいました。
何にも知らないのに、恋愛話になると、さすがに年的に知ったフリとか限界だし、どうしたら良いのだろうかと思います。
幼稚な自分に嫌気もさすし、私自身変わりたいです。
2017年は彼氏が出来るようにしたい。
今までの自分と同じではもううんざりです。
NEXTWEEKENDの動画のようなこともしたいし、友達が欲しいのかな、彼氏が欲しいのかな、家族以外の人ともっと関わっていきたいのかな…と、色々こじらせているので、アドバイスいただけたらと思います。
(26歳・女性)

answer

意外とそういう人、多いと思います。大丈夫です。

そして、そんな中でも「まだ平気。だって〜だもん」と、現実に向き合うことをせず開き直っている人だっていますが、相談者さんは「こじらせている」なんて自覚されているので、きっと変わりたいように変わっていけると思います。

今回いただいたお悩みに関わらず、問題を解決できない状況のほとんどは、目の前のことに向き合えず自ら言い訳を作ってしまうことが原因だと思うんです。

まずは、こじらせてしまっているから友達と私は別の次元…、とか、私だけまずい…、と、周囲への壁を極力持たずに肩の力を抜きましょう。
(大事なことなので2度言いますが、そういう人沢山いると思うから、安心してください…!)

line

そして、もしNEXTWEEKENDの動画のようなことをしたい、と思ってくださっているように「もっと、こんなことをしてみたいな」と思っていることがあるとしたら、それを書き出してみることをオススメします。

それができたら、隣に方法を書き出してみるんです。

NEXTWEEKENDの動画は、いつだってピクニックしてみたり、たっぷりの花を飾ってみたり、我ながらてんこもりな提案ですが、「へぇ」とか「そんな暇あるか!」なんて他人事にせず、方法を書き出してみると、意外と難しいことはありません。

もちろん、てんこもりな提案のうちの全部をする必要はないし、できることからでいいんです。

いつも食べてるサンドイッチを天気が良いから外で食べればピクニックだし、用事がなくても家に花を買って帰れば、部屋はちょっとずつ華やかになっていきます。

そうこうしているうちに気づくのは、「あれ?なんだ。私意外とできるじゃん」という自分自身の暮らしの中での発見です。

そうやって小さな自信がついていくと、天気が良い日は自然と外でサンドイッチを食べたくなるかもしれないし、部屋の花を絶やさずに飾り続けたくなるかもしれません。

最初は難しそうに見えたことを、思い切って具体的に実行しみると、きっといつか習慣になって、誰かに見せるためではなく、自分自身が内側から楽しいと思えるはずです。

line

そしてそれは恋愛も同じだと思います。

今はきっと、「いつか」と他人事にしてしまったり、恋愛話になると心を閉ざしたりと、自分の中で遠い存在にしているかもしれませんが、まずは身近な男性に話しかけてみて会話が弾むとか、そんな小さな成功体験を積んでいくうちに、きっと考えていたより難しくないことに気づけるはずです。

そして、その先には「こんなもんかな」なんて思わずに、ちゃんと自分が内側から楽しめる恋愛ができるはず…!
そう思います。

どうか、自分と世間の間に壁を作って心を閉ざさずに、恋愛に限らず今自分が「こうなりたい」と思っていることを、ひとつずつ実行して小さな成功体験を作ってみてください。

小さな自信が生まれると、意外と近くに出会いがあるかもしれません。

相談者さんにとって、良い2017年になりますように…!

 

fukidasi_last

NEXTWEEKEND編集長 村上萌が、Weekender編集部のみなさまから匿名で募集したお悩みに答えていく連載企画です。3月から月2回更新予定!