NEXT WEEKEND DATE

“買って食べる”と決めつけていたものを“実は作れる!”に変える「#とことんHOMEMADE」。

「イタリアのママンの味」とも言われる伝統料理であるニョッキは、じゃがいもをベースとしたお団子のようなパスタ。
ほのかに甘みがあり、舌でとろけるようなもちもち柔らかい食感が魅力ですよね。

今日はそんなニョッキの作り方をご紹介します。

実は作るととにかく簡単なんです。
まぜる作業もさほどいらず、茹で時間も1分弱と短時間なので、あっという間に完成してしまいます。

冷凍もしておけるので、たくさん作って保存しておいてもOK。

今回はニョッキと相性のよい、濃厚なクリームソースを合わせてみました。
ブルーチーズとハーブの香りがやみつきに。

それでは作り方を見ていきましょう。

自家製ニョッキと濃厚チーズクリームソース

材料

【ニョッキ】
(5〜6人前できますが、冷凍可能なので多めに作っても◎)
・じゃがいも 400g
・強力粉 60g
・薄力粉 60g
・粉チーズ 25g
・ナツメグ 少々
・塩 少々
・卵 (M)  1個
・オリーブオイル 適量

【チーズクリームソース】(2人前)
・ニョッキ 20個
・バター 80g
・牛乳 200g
・生クリーム 200g
・ブルーチーズ 30g
・ホワイトペッパー 少々
・お好みのハーブ (ローズマリー、バジル、セージなど)適量

 

作り方

1.じゃがいもをふかす。

2.一度じゃがいもをしっかりと冷やしてから、皮をむいてボウルに入れてマッシュする。

3.ボウルに残りの全ての材料を入れてさっくりと混ぜてまとめたら、棒状にしてカードで適度な大きさに切る。

4.ひとつずつ成形する。
(丸めたあと少しつぶす。つぶす際はフォークなどで跡をつけてもソースが絡みやすくなる。)

5.たっぷりのお湯でニョッキを茹でる。

6.ニョッキが浮いてきたら鍋からすくって、オリーブオイルでからめておく。

7.次はソースを作る。フライパンにバター入れ、溶けたら牛乳と生クリームを入れる。

8.ひと煮立ちしたら、ブルーチーズとホワイトペッパーを入れて味付けし、ニョッキを入れる。

9.ソースにとろみが出て来たらハーブをちぎって入れる。

10.お皿に盛り付け、お好みでペッパーなどをふったら完成。

じゃがいもを色つきのものにしたり(紫のシャドークイーンや、ピンク色のノーザンルビーなど)、かぼちゃなどで代用すれば、カラフルなニョッキになります。

ニョッキはそのままでも味があるので、シンプルにフレーバーバターやチーズと絡めるだけでも美味しいですし、定番のトマトソースやジェノバソースなど、もちろんソースもアレンジし放題。

ぜひお好みの味付けで楽しんでみてくださいね!