次の週末なにしたい?

MAKE

    • 焼きたてパンの熱々をキープ!テーブルにそのまま出せるブレッドバスケットを作りたい
    • 焼きたてパンの熱々をキープ!テーブルにそのまま出せるブレッドバスケットを作りたい

      2016.10.15

    お店で買ってきたせっかくの焼きたてパンも、ビニール袋にくるんでしまうと湿気で表面の香ばしい食感がだいなしに…。

    今回は、買ったパンを持ち運べて、そのまま食卓にも出せる「ブレッドバスケット」を作ります。

    麻は通気性が良く、焼きたてのパンの熱気を程よく逃がすので、表面の香ばしさや食感をキープすることができる上、この記事では国産の小豆入りの袋を中にいれることで、冷めてしまったパンも袋ごとレンジで温めてそのまま食卓へ出せば食事中もほかほかが長続き。

    実は、10/14(金)に発売したNEXTWEEKEND2016AW号の特集「秋色のテーブルを作りたい」でも登場しているんです。

    _T3A1349

    (NEXTWEEKEND2016AW号P13 ※机の右側の方…!)

    肌寒くなる季節、熱々の美味しいパンを味わうために久しぶりの針仕事に挑戦してみませんか?

    直線縫いばかりなので、ミシンがなくても簡単に作れます。

     

     

    材料
    ・裁縫セット
    ・麻の布(綿混合可)  110cm幅×45cm使用
    (※注意:レンジでチンする場合は、麻や棉など化学繊維でないものをお使いください)
    ・国産小豆 約2分の1カップ

     

    作り方
    1.110cm幅の布を90cmと20cmのところで裁断します。

    大きいほう(B)はブレッドバスケットに、小さいほう(A)は小豆袋にします。IMG_5022

     

     

    2.Bを【1】の写真のように半分に折った状態で上部がほつれないように、両方とも外側に向かって三つ折りにして直線に縫います。(アイロンを掛ければ縫いやすくなります。)IMG_5024 IMG_5025 IMG_5026

     

    3.次に両サイドを縫います。IMG_5029

     

    4.袋状になったことを確認し、底4分の1あたりを上に折り、折り紙の要領でマチを広げます。
    IMG_5030 IMG_5035

     

    5.三角形の部分をつまみ、左右共に黒線のところを縫います。IMG_5039

     

    6.袋を裏返すとこのように、マチができています。IMG_5041

     

    7.口を2~3回外側に折ると自立します。IMG_5042

    IMG_5043

     

    8. 次に、Aの小豆袋用の布を半分に折り、小豆を入れる部分を3cmほど残して周囲(黒線)をぐるりと縫います。IMG_5047

     

    9.あけておいた穴から布を裏返し、小豆を入れたら、口の部分も縫って閉じます。IMG_5051IMG_5052IMG_5054

     

     

    10.小豆袋をバスケットの底に入れたら完成です。
    IMG_5056

     

    いかがでしたか?

    熱々のパンを主役にしてしまえば、簡単な持ち寄りフードでも一気にパーティ気分が高まります。

    何も作りたくない休日の朝も、スープを添えれば立派な朝食セットに。

    ブレッドバスケットごと、美味しいパンをギフトにするのもおすすめです。IMG_5132

     

    (監修・文/永田尚子 編集/NEXTWEEKEND)

ページの先頭へ
Add to favorites