NEXT WEEKEND DATE

小さい頃から変わらない、夏祭りで絶対に食べたい屋台フード、「りんご飴」。

あまい香りに誘われてお店を見つけたものの、今年はあまりの行列に諦めたっけ。

でもやっぱり、これを食べずして夏は越せない!

「ラストサマー」を飾るにふさわしいおやつを作って、ホームパーティーでさえも、とことん「お祭り気分」を味わっちゃいましょう。

 

屋台風フルーツ飴

材料

IMG_2869

グラニュー糖…120g
水…30cc(グラニュー糖:水=4:1であればOK)
フルーツ(常温に戻し、水気を切っておく)
竹串、爪楊枝など

作り方

1.フルーツは食べやすいサイズにカットし、キッチンペーパーなどで水分を拭き、竹串などにさして準備しておきます。
IMG_2870
IMG_2875

 

2.砂糖と水を鍋で熱し、かき混ぜずに弱~中火で粘り気が出るまで煮ます。
IMG_2864

IMG_2866

 

3.泡が立って、鍋をゆすってトロッとしてきたらコーティング用の飴の完成。
IMG_2867

 

4.【1】のフルーツを爪楊枝などにさし、飴につけてくるりと絡めて、広げたクッキングシートの上に置きます。
IMG_2881

 

5.表面がパリッと乾いたら完成!IMG_2914

生の果物なので、その日のうちに食べてくださいね!

ポイント


・飴はかき混ぜると白く結晶化してしまうので、お鍋をゆする程度がおすすめです。
・煮込む際は、焦げないようにしっかり混ぜながら火加減に注意してみてください。
・お砂糖を煮込むと高温になるので、火傷しないように十分気を付けてください。

 

いかがでしたか?

春には桜の塩漬けおにぎり、夏には屋台風りんご飴、秋にはスイートポテトなど、いつものホームパーティにも、ちょっとした季節感を取り入れるだけでゲスト同士の会話も盛り上がりそうです。

フルーツ飴といえばりんご飴が代表的ですが、その時期に旬なフルーツでも是非ためしてみてください。