次の週末なにしたい?

EAT

    • フルーツが大活躍する、夏のテーブル
    • フルーツが大活躍する、夏のテーブル

      2016.08.20

      週末野心

    サラダとメイン、それからおかずをあと何品か…。

    バランスを考えながら料理を作ってはみるものの、いまいち新しい料理に挑戦できていない気がする…。

    そんな悩みを解決してくれるものこそ、意外と身近にある季節のフルーツなのです。

    デザートになりがちなフルーツが料理に加わるだけで、途端にバリエーションが増え、彩りや旬の楽しみだってぐっと広がります。

    今回は、少しの工夫やアレンジでできる、夏のフルーツを使った料理をご紹介します。

     

    スイカとブルーチーズのサンドイッチ8b3b922e3c3813702717ed005a729e6b1-800x452

    まずは、食材の意外な組み合わせを提案する番組「Three Good Things」より「スイカとブルーチーズのサンドイッチ」…!

    スイカのみずみずしさとブルーチーズの塩気で、これが意外と相性バッチリなんです!

    スイカに塩を足す人は多いかもしれませんが、ブルーチーズの塩気でスイカを楽しむという人は少ないかもしれません。

    あまり知られていないこの組み合わせ、お友達や近所の方を家に招待するときに、ぜひ振舞ってみてくださいね♪

    材料/1人分
    ・スイカ 2スライス
    ・ブルーチーズ 1スプーン
    ・バジル 3枚
    ・ピーカンナッツ or くるみ ひとつかみ
    ・食パン
    ・オリーブオイル 適量

    動画はこちら

    作り方はこちら

     
    (左)トマト・スイカ・ニセコブッラータのカプレーゼ (右)メロンとブルーチーズ
    1
    菜園料理家の藤田承紀さんのレシピ

    お次も驚きと感動の組み合わせ。

    トマト・スイカ・ニセコブッラータで作られたカプレーゼとメロンとブルーチーズを合わせた料理。

    こちらは、先日NEXTWEEKEND編集部がみんなで北海道旅行をした際にご一緒した素敵な仲間の1人である、菜園料理家の藤田承紀さんが旅行中に振る舞って下さった料理なんです!

    左に写っている、トマト・スイカ・ニセコブッラータの味付けは基本塩コショウ、オリーブオイルのみで、ブッラータというチーズだけ、黒コショウとたっぷり混ぜ合わせます。

    右のメロンとブルーチーズの味付けは、少しのはちみつと白コショウのみ。

     

    茄子とカリフラワーのマリネ
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA
    菜園料理家の藤田承紀さん

    こちらも菜園料理家の藤田承紀さんが旅行中に振る舞ってくださった料理のひとつ、茄子とカリフラワーのマリネ。

    ポイントは、焼いた茄子をビネガーと昆布だしで煮て、食卓に出すときには冷やして出すことだそうですが、よく見ると、実は一緒にブルーベリーが添えられているんです。

    茄子とブルーベリーの深い紫色が、カリフラワーやハーブの鮮やかさを引き立ててくれて、なんとも大人っぽい色合いに!

    もちろん組み合わせも最高に美味しく、みずみずしい夏のメニューでした。

     

     

    では、ここからは #週末野心 で投稿してくださったみなさんがどんなフルーツ料理を作っているのかを見てみましょう!

    マンゴープリンとヨーグルトムース

    萌子さん(@moeko_tamada)が投稿した写真

    まずはフルーツを取り入れやすい、デザートから。

    夏らしくマンゴーを使ったプリンをヨーグルトムースで合わせたデザート。

    常夏野心を詰め込んだようなデザートですね。

    ブルーストラップのランチョンマットがマンゴーのオレンジによく合って、なんとも言えない爽やかなサマーカラーです。              

     

    フルーツのアイスキャンディー

    Sayokoさん(@sayoko_betsey)が投稿した写真

    夏の時期に食べたいひんやりアイスキャンディー。

    意外と簡単にアイスキャンディーが作れるのは知っていても、いざ型を買って…、冷やし固めて…、なんて考えると買った方が早いや、と挑戦できていないというかたも多いのではないでしょうか。

    騙されたと思って作ってみてください!

    小さな頃から食べていたアイスキャンディーを自分で自由にアレンジしながら作れるだなんて、毎晩のお風呂後がどれだけ楽しくなることか…!

    こちらの投稿のように、シークワーサー果汁など夏らしく自分らしいフルーツ果汁も取り入れているのも最高ですね♩

    動画はこちら

     

    すだち蕎麦

    rinさん(@b.rinka)が投稿した写真

    そのまま食べることはないかもしれませんが、すだちだってミカン科のフルーツ。

    さっぱりしたものが食べたくなる夏時期にぴったりなのは、すだち蕎麦。

    シンプルなざるそばももちろん美味しいけど柑橘系の香りが入ることで、より香りも夏らしさも楽しめます。

     

     桃とモッツァレラチーズ和え

    最後はこの季節になると大人気の「桃モッツァレラ」

    これだけでハッシュタグが賑わっているほどの人気っぷりですが、改めてレシピをご紹介すると、桃とモッツァレラチーズ、オリーブオイルと白ワインビネガーをまわしかけて、塩とブラックペッパー、レモンゼスト(レモンのすりおろし)で仕上げます。

    大好きな桃の季節も残りわずか。

    「桃モッツァレラを作るから、あのワインでも開けちゃう?」なんて会話をしながら、残暑のキッチン生活を楽しんでみてはいかがでしょう。

    こんなふうに、塩気をチーズに変えたり、野菜の色味と合わせてフルーツを選びながら、いつもの料理のアレンジを楽しんでみてくださいね。

    皆さん残りの夏も素敵な毎日を♪

     

    (文/清水紋佳・編集/NEXTWEEKEND)

ページの先頭へ
Add to favorites